日本語ことばあそびの歴史 河出文庫

今野真二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417806
ISBN 10 : 4309417809
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
追加情報
:
343p;15

内容詳細

古来、日本人は日常の言語に「あそび心」を込めてきた。なぞなぞ、しゃれ、掛詞、折句、判じ絵、回文、都々逸…『万葉集』から、なぞなぞの宝庫と言うべき中世、言語遊戯百花繚乱たる江戸、幕末・明治まで、ことばあそびという営みの面白さを紹介しながら、生きた言葉のワンダーランド、もうひとつの日本語の歴史へ読者をいざなう。

目次 : 第1章 ことばあそび事始め(あそびのあることば/ ことばあそびからみた言語 ほか)/ 第2章 いろは歌あれこれ(ある助詞を使わないで和歌をつくる―『万葉集』のチャレンジ/ 同じ仮名を使わないで和歌をつくる―『古今和歌集』のチャレンジ ほか)/ 第3章 中世―なぞなぞの宝庫(『徒然草』のなぞ/ 連歌とことばあそび ほか)/ 第4章 江戸時代―言語遊戯百花繚乱(江戸のことばあそび/ 『剽金福寿草』のことばあそび ほか)/ 第5章 幕末・明治―雅俗をつなぐミッシング・リンク(幕末・明治のことばあそび)

【著者紹介】
今野真二 : 1958年、神奈川県生まれ。清泉女子大学教授。日本語学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • へくとぱすかる さん

    ハンディな文庫だが収録作品が多く、既刊の同じテーマの新書などの補完になる。種類の多さも良いが、紹介がかなり詳細だから、もう少し速く読めたらいいなと思った。「ことばあそび」が、著者も言うように、ハンドルの「あそび」のような余裕として、日本語を豊かにしてきたと思う。和歌の世界がまだわかるのに対して、江戸から明治の作品は、ネタバレがあってもわからない。現代日本が、当時の文化からいかに遠いところに来ているかを示す証拠だろう。また明治時代の作品には、今なら信じられないほど好戦的なものもあり、ちょっと引いてしまう。

  • 四不人 さん

    図書館で見かけてハードカバーで読んでいて(『ことばあそびの歴史』(河出ブックス))、面白かったが、まさか文庫に落ちるとは。とても面白い本なので、是非幅広く読まれて欲しい。

  • むむむ さん

    気楽に読むのはけっこう骨がおれるが、面白いのでまた徒然なるままに読もうと思う。

  • Mits さん

    よくこんなことやるなぁ… 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

今野真二

清泉女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品