学校では教えてくれないゆかいな日本語 14歳の世渡り術シリーズ

今野真二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309617022
ISBN 10 : 4309617026
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
追加情報
:
206p;19

内容詳細

「遊び心」が止まらない!笑って読めて、ためになる日本語教室、始まります。イラストもゆかいです。

目次 : 第1章 日本語を「音」からみてみよう(イライラするなあ イラって何?/ 動くモグラ ほか)/ 第2章 日本語を「文字」からみてみよう(五十音図の「穴」には何が入るの?/ 不評だった五十音図? ほか)/ 第3章 日本語を「数字」からみてみよう(一、二、三…をどう発音するか?/ 「大和言葉=日本語」ではありません ほか)/ 第4章 日本語を「遊び心」からみてみよう(いろは歌あれこれ+駄作ご披露/ 江戸時代のいろは歌 ほか)

【著者紹介】
今野真二 : 1958年、神奈川県生まれ。清泉女子大学教授。日本語学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 純子 さん

    「学校では教えてくれない」に興味がわく。こういった豆知識的なことを入れながら授業ができたらいいんだろうな。けれど、確かこうだったはずだと思うことも、嘘を教える訳にはいかないから確かめてから言おうなどと思っているうちに先に進んでしまう。教員自身が普段からこういう本を読んでいることが大事なんだよね。辞書の編集にかかわったことがおありとのこと。辞書から学ぶことはたくさんあるよという言葉に重みを感じます。濁音から始まる日本語はなかった。サワサワとザワザワ。シットリとジットリ。愉快ではないことと濁音は関係あり

  • そらねこ さん

    「14歳の世渡り術」シリーズ。大人が読んでも興味深く、子どもたちとそれぞれに感想が違うのが面白かった。学生時代に国語学の講義で学んだ内容などもあり懐かしくまた関連の書籍を読みたくなった。徒然草の謎チャレンジし直してみようかな。【図書館本】

  • 和草(にこぐさ) さん

    語源を知らずに使っている言葉。知って使えるとなんだか嬉しい。

  • ねこらった さん

    大学でお世話になった先生の本。大学の授業を思い出して、懐かしくなった。日本語に対する面白さだけではなく、サザンオールスターズの「四六時中」にツッコミを入れたり、いろは歌を作ってみたりと、著者を知っているからこそ面白く感じる部分もあり、良かった。また、日本語の研究をしたくなった。

  • sumi さん

    言語学の基本的な知識はできるだけ砕いて説明、身近なトピックから言葉を拾っておもしろく解説。言葉はコミュニケーションの手段というだけではない。アートとして、娯楽として存在する。言葉のそういう部分、私も好きだけど、大人になると頭が固くなってしまっている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

今野真二

1958年、神奈川県生まれ。清泉女子大学教授。日本語学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品