清明 隠蔽捜査 8

今野敏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103002604
ISBN 10 : 4103002603
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
336p;20

内容詳細

神奈川県警刑事部長に着任した異色の警察官僚・竜崎伸也。着任早々、県境で死体遺棄事件が発生、馴染みの警視庁の面々と再会するが、どこかやりにくさを感じる。さらに被害者は中国人と判明、公安と中国という巨大な壁が立ちはだかることに。一方、妻の冴子が交通事故を起こしたという一報が…。益々スケールアップの第八弾!

【著者紹介】
今野敏 : 1955年北海道生まれ。上智大学在学中の1978年に「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。レコード会社勤務を経て、執筆に専念する。2006年、『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞を、2008年、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を、2017年、「隠蔽捜査」シリーズで吉川英治文庫賞を受賞。さまざまなタイプのエンターテインメントを手がけているが、警察小説の書き手としての評価も高い。近著に『スクエア 横浜みなとみらい署暴対係』『機捜235』『呪護』『炎天夢 東京湾臨海署安積班』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    今野 敏は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 隠蔽捜査シリーズは全作品読んでいます。竜崎が神奈川県警刑事部長に着任し、新章開幕が開幕しました。安定の面白さです。これでシリーズも当分続きそうです。タイトルが、漢詩から来ているとは思いませんでした。 https://kanshi.roudokus.com/seimei.html https://www.shinchosha.co.jp/book/300260/

  • KAZOO さん

    いつもは文庫化まで待つのですが最近は気が短くなりこの本を読んでしまいました。主人公は神奈川県警の刑事部長に発令されますが、いつも通りの忖度なしのやり方を貫いています。本音でやるので人気があるのでしょう。今回の事件は東京と神奈川の接している場所での殺人事件で警視庁と県警の縄張り争いのような場面も出てきます。さらに公安も絡んで。主人公の奥さんの自動車教習学校での事故がらみでは建前ばかりではなくうまい対応で人の心をつかみます。ノンキャリへの対応がうまいのでしょうか?楽しめました。

  • やま さん

    隠蔽捜査8はシリーズの10作目。2020.01発行。字の大きさは…字が小さくて読めない大きさ。 大森警察署長から神奈川県警刑事部長に移動になった竜崎伸也は、着任早々に殺人事件が発生する。 遺体は、東京都と神奈川県が入り組んでいる町田市で発見された。捜査本部が町田署に置かれ警視庁が捜査するが、神奈川県警に応援依頼が来る。当初は警視庁と県警の主導権争いが行われるが…。 遺体は、中国人・張浩然だと分かり、中国国内で民主化を叫ぶ民主化運動家で弾圧を恐れて、日本に密入国してきて、中国人のスパイに殺された可能性が…。

  • まるけん さん

    竜崎さん久しぶりって感じで読めました。『清明』。このシリーズ、いつもタイトルがイケてるなぁ。内容は警察の話だけど、ガチな『警察物』を期待すると❓かな。まぁ、リピーターが多いと思うので大丈夫だと思いますが。でも『竜崎麻痺』を発症したのか、シリーズを追うごとにハラハラ感が無くなってきてまっするぅ。次は期待作『地面師たち』へ。

  • タイ子 さん

    お待ちしておりました、シリーズ第8弾。大森署長から神奈川県警刑事部長に着任した竜崎伸也。ストーリーはまず神奈川県警らしく中華街を中心に軽いジャブをかませてみようかといったところでしょうか。警視庁の伊丹刑事部長も早速のお目見えで、2人のなれ合いも変わらず。殺人事件の捜査の中で妻冴子が教習所の車で事故を起こすというハプニング。これが元で新任部長として神奈川県警にだんだん慣れていく様が面白い。どこに異動になろうとも原理原則に基づく彼の行動、口調にクスリと笑ってしまう。警視庁との対立も期待しながら続編を待ちます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

今野敏

1955年、北海道生まれ。上智大学在学中の1978年に『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。卒業後、レコード会社勤務を経て専業作家に。2006年、『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、2008年に『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞を受賞。2017年、「隠蔽捜査シリーズ」で吉

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品