屍人荘の殺人 創元推理文庫

今村昌弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488466114
ISBN 10 : 4488466117
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
追加情報
:
381p;15

内容詳細

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子とペンション紫湛荘を訪れる。しかし想像だにしなかった事態に見舞われ、一同は籠城を余儀なくされた。緊張と混乱の夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。それは連続殺人の幕開けだった!奇想と謎解きの驚異の融合。衝撃のデビュー作!

【著者紹介】
今村昌弘 : 1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018年版』、“週刊文春”2017年ミステリーベスト10、『2018本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞「小説部門」を受賞。続編に『魔眼の匣の殺人』がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ろくせい さん

    「面白い」が読後の率直な感想!数々のミステリー関係賞を受賞しているが、その印象やタイトルから受ける想像を軽々と超えていく物語。展開もうまく、それを過不足なく理解させる表現には非常な感服である。偶然と必然を絡ませたミステリー。それは、人間の若年性、恋愛、本性によりストーリーをより厚くさせる。また、非日常と日常とを重ねるが、知らず知らずに現実であるかと錯覚させるイメージも与えていく。今までに経験がない読書経験。そんな感動をくれた今村さんを尊敬し、彼に感謝!

  • おたま さん

    始まりはユーモアミステリー、登場人物はキャラがたっていてライトノベル風。途中から、登場人物たちが泊まった屋敷はある理由から「陸の孤島」となってしまう。この辺りは、ある種のホラー系物語の趣となっている。だが侮るながれ、中盤からの連続殺人事件の辺りからは新本格となってきて、解決場面では極めてロジカルなミステリーとなる。いろいろな楽しみ方ができるが、基本は極めて緻密に構成されたミステリーだと思う。解決のところは唸らせてくれる。また、この物語は、ある意味で3.11後にしか書けなかったミステリーでもある。

  • yu さん

    Kindleにて再読。何となくエピソードゼロの明智さんの読んだら読み返したくなった。つくづく、明智さんキャラがよかった。なんだか、感想を素直に書くのも非難の対象になるみたいで、やりづらい世の中ですね。今後は感想書くのやめます。

  • 三代目けんこと さん

    久しぶりにクローズド・サークルを堪能。噂に違わぬ一冊で一気読みでした。113頁以降の展開は空前絶後。おもわず「こんなのあり...」と呟いた...。続編の文庫化を待てそうにない。

  • のぶ さん

    評判は前から耳にしていたが、久々に面白い本格ミステリーを堪能した。神紅大学ミステリ愛好会の明智恭介とその助手、葉村譲は、同じ大学に通うもう一人の名探偵、剣崎比留子と共に映研の夏合宿に参加するため、ペンション紫湛荘を訪れる。そこで連続殺人が発生するが、クローズドサークルの設定も本格物の王道を踏襲しているし、事件発生から解決までの流れも自然かつ新鮮なもので、読んでいて飽きる事はなかった。すでに2作目が出ているので読んでみたい。島田荘司や綾辻行人のような大御所の後継者になれるのか、今後が気になる作家だと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

今村昌弘

1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018年版』、“週刊文春”2017年ミステリーベスト10、『2018本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞「小説部門」を受賞。続編に『魔

プロフィール詳細へ

今村昌弘に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品