CD

萬燈籠

人間椅子

基本情報

カタログNo
:
TKCA73939
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

「オズフェスト」で「ももいろクローバーZ」のバックバンドを務めたことで話題をさらった実力派ロックバンド、「人間椅子」。来年のデビュー25周年を前に、通算21枚目のオリジナル・アルバム登場!


この世界というのは、実は無限の可能性に満ちたダイナミックなものなのではないでしょうか。
今日も明日も変わらない日常、しばしばそう言われたりもしますが、それはそのように捉えた(つまりその人が選んだ)世界が現出しているだけのことなのかもしれません。
一歩それまでの認識から足を踏み出し−この世の中には実は決まったことなど一つもない、可能性は無限なのだ−と気が付くならば、もしかしたら世界はめくるめく姿を、自在で自由な表情を見せるのかもしれません。本来世界に限界がないのだとすれば、まさに芸術や表現といったものは(その非日常性と創造性ゆえに)、有限と思い込んでいる地平から一瞬間連れ去ってくれるもの、永遠と無限とをハッと気付かせてくれるものということができるでしょう。

前作「此岸礼讃」では現実の肯定、世界への勇気、決意といったものを主に述べました。
いわば現代性、時代性に重きを置きました。
今作では、より芸術的でありたいと思っています。つまり、それほど時代性は求めません。
幻想的、詩的、怪奇なもの、ナンセンスソング、宇宙を歌ったもの……非日常的であるがゆえに、無限の世界をほのめかすような、そういった作品群を目指します。そしてそれはまさに人間椅子の得意とする分野、真骨頂であり、それが成功したならば、きっと解放感のあるよいアルバムになると確信します。 ※アルバムタイトル「萬燈籠」(まんどろ)とは−津軽地方の方言。まんまるの〜を表す。満月のことを、まんどろだお月様、という。
漢字にあてるなら萬燈籠。
三重県など、ほか関西方面でも同様の意味で萬燈籠を使う。
満月の幻想的な光にポエジーを見、また今作のアルバムコンセプト、実体があると思い込んでいるものは幻想に過ぎない、を重ね合わせました。(和嶋慎治)

内容詳細

90年のデビュー以降、ドラマーの交代などを経つつコンスタントに活動を続ける彼らの通算17枚目。ハード・ロックやプログレを基調としたギター・サウンドと、文学性の高い歌詞の世界が融合する独特の世界観は健在。生き物のようにうごめくバンド・グルーヴは病みつきになること請け合いだ。(く)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人間椅子に関連するトピックス

おすすめの商品