光村ライブラリー・中学校編 第1巻 赤い実 ほか

井上靖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784895283694
ISBN 10 : 4895283690
フォーマット
出版社
発行年月
2005年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
直野敦 ,  
追加情報
:
22cm,117p

内容詳細

教科書で習ったあの懐かしい作品が、今蘇る…。昭和30年度版〜平成14年度版教科書から、時代を超えて心に響く感動の作品を厳選。本巻には、井上靖「赤い実」、三木卓「おいのり」など、全7編を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とよぽん さん

    学校図書館で。「一切れのパン」「おふくろの筆法」「内蔵允留守」がよかった。20〜30年前の国語教科書、なかなかよい教材が載っていたものだと、改めて思った。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    小学校編を読んだので中学校編も。文学作品7作。『 赤い実(井上靖) / おいのり(三木卓) / サーカスの馬(安岡章太郎) / 一切れのパン(F=ムンテヤーヌ ) / 内蔵允留守(山本周五郎) / おふくろの筆法(三浦哲郎) / 吾輩は猫である(夏目漱石) 』

  • ゆう さん

    「一切れのパン」「内蔵允留守」がよかった。どちらもラストであっと、言わせてくれる。「内蔵允留守」は、読みなれていないと読みづらいと感じるかもしれないが、それだけに、ラストで自分の価値観ががらりと変わるような読書体験で、読書のおもしろさに気付いてほしい。

  • T-top さん

    「一切れのパン」を読むために図書館から借りた。思いがけなく「おふくろの筆法」に再会。ちびた鉛筆、ごしごしという描写が記憶に残っていた。

  • Takahiro Itoh さん

    山本周五郎の「内蔵允留守」が良い。中学生がこれを教科書で読んでいたとは。素敵なことだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上靖

1907(明治40)年、北海道生まれ。静岡県に育つ。京都帝国大学哲学科を卒業後、毎日新聞社に入社。50年「闘牛」で芥川賞を受賞し、51年に退社、作家生活に入る。58年『天平の甍』で芸術選奨文部大臣賞、60年『敦煌』『楼蘭』で毎日芸術賞、64年『風涛』で読売文学賞、69年『おろしや国酔夢譚』で日本文学

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品