旅の終わり、始まりの旅 小学館文庫

井上荒野

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094087055
ISBN 10 : 4094087052
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
186p 15cm(A6)

内容詳細

高校の卒業旅行で、太宰治が好きな作家志望の親友と太宰の軌跡を辿る『泣く女』。訳ありの過去を持つ恋人たちが、とある古びた教会で神父に独白する『捨て子たちの午後』。男二人旅の道中で、耳の聴こえない少女と出会い、失踪した少女の母がいる恐山へと向かう『下北みれん』。事故で亡くした婚約者を供養するため、恋人が五所川原にある不思議な霊場を訪れる『死霊婚』。風変りで有名な民俗学者とその教え子が、弘前へフィールドワークに出かける『寄り道』。本州最北端の地を舞台に、五人の人気作家が実際に旅をして描いた、読めば旅に出たくなる恋+αのアンソロジー。

【著者紹介】
井上荒野 : 1961年東京都生まれ。『切羽へ』で直木賞、『そこへ行くな』で中央公論文芸賞受賞

島本理生 : 1983年東京都生まれ。2003年、野間文芸新人賞を受賞

西加奈子 : 1977年イラン、テヘラン生まれ。『通天閣』で織田作之助賞受賞

嶽本野ばら : 京都府生まれ。2003年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』で連続三島賞候補

夏川草介 : 1978年大阪府生まれ。2009年『神様のカルテ』で第十回小学館文庫小説賞を受賞し作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    5人の作家による、青森を舞台とした小説の競作。西加奈子は太宰の『津軽』に寄りかかりすぎていて登場人物の2人が個性に乏しい。島本理生は、(おそらくは実在の)カトリック教会を舞台にしている以外は青森を生かしていない。しいて言えば、井上荒野のゲイ小説が篇中ではもっとも成功しているか。嶽本野ばらは、幻想小説となるには作為が目立ち過ぎ。最後の黒一点、夏川草介も、登場人物たちの設定があまりにステレオタイプな上にリアリティも欠いている。民俗学専攻の大学院生が太宰を知らないなんてありえない。残念ながら期待値以下の結果に。

  • りゅう☆ さん

    一緒に歩んできた二人の友情の深さを感じた西加奈子さん、懺悔により許せる喜び、消える憎しみを味わった島本理生さん、「もしも俺を捨てずにいてくれるなら、シンゴが誰と寝ようがかまわない。本当にかまわないんだ、と俺は海に向かって言う」恋人との最後の旅の切なさがジンジン伝わってきたのにラストが腑に落ちない井上荒野さん、死んだ我が子があの世で伴侶が持てる供養『死霊婚(嶽本野ばら)』で出会った女性と不思議な体験したり、民俗学者と教え子のいつもの旅で亡き妻の思い出に『寄り道(夏川草介)』した二人の関係が心地よかった。→

  • ワニニ さん

    【旅週間@月イチ】ああ、やっと最後に岩木山を望む広々とした景色が味わえ、旅っぽかった。本州最北端を舞台に、魅力的な五人の作家の短編集。とはいえ、何で青森縛り?そして、青森に対して私が持っていた、鬱屈とした、ちょっと暗いイメージ、おどろおどろしい雰囲気がそのままで、青森に惹かれ、行きたいという気持ちまでは起こらなかった。しかし、色々な人たちの旅=心模様、人生の一区切りなんか読むうちに、日常から離れて、遠くへ行きたいなぁという気分に。タイトルが良い。

  • 美登利 さん

    実際に作家さんたちが青森を旅して書いたアンソロジーとは知りませんでした。それぞれ作家さんたちの個性が溢れんばかりの一冊。夏川草介さんのお話が一番良かったです。情景が浮かんでくるし、何しろ登場人物が愛おしい感じがします。青森は最近、小説の舞台としてよく読みますが訪ねたことはありません。この一つ一つの短編に出てる人物と少しも重なる私ではありませんが、どなたかになって旅してみるのも悪くないかも、そんな気分にさせてくれるお話でした。

  • 七色一味 さん

    読破。アンソロジーもいいものです。自分に合う作家さんを探すのにもいいですし、しかも著作陣の中に自分の好きな作家さんや作品を読んだことのある作家さんがいれば尚更。今回は、夏川草介さんと島本理生さん目当てなんですが、他の方の作品も旅情を誘われるというか…。私的には、短編が上手な作家さんの作品は、長編もおもしろいという考えがありまして──。この作品には、5色の旅の色があります。青森に行きたくなりますねぇ。これから暑くなるので、北に向かうというのは、理にかなっています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上荒野

1961年東京生まれ。成蹊大学文学部卒。89年「わたしのヌレエフ」で第一回フェミナ賞を受賞しデビュー。2004年『潤一』で第一一回島清恋愛文学賞を受賞。08年『切羽へ』で第一三九回直木賞を受賞。11年『そこへ行くな』で第六回中央公論文芸賞を受賞。16年『赤へ』(祥伝社刊)で第二九回柴田錬三郎賞を受賞

プロフィール詳細へ

井上荒野に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品