素晴らしき哉、フランク・キャプラ 集英社新書

井上篤夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206111
ISBN 10 : 4087206114
フォーマット
出版社
発行年月
2011年10月
日本
追加情報
:
18cm,249p

内容詳細

1929年、大恐慌のアメリカを映画で励ましたフランク・キャプラ本邦初の評伝。アカデミー賞監督賞の栄冠を3度手にし、50年代の赤狩りに巻き込まれた男の人生。山田洋次監督特別談話収録。

【著者紹介】
井上篤夫 : 1947年岐阜県生まれ。作家。ハリウッド映画に通暁する。早稲田大学文学部中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yamatoshiuruhashi さん

    おそらく日本人の筆による初めてのフランク・キャプラ伝。私は1970年、日曜洋画劇場で「ポケット一杯の幸せ」を観たのがキャプラ映画の諸体験だった。淀川長治の解説も大筋よく覚えていた。その後、名画座まわり、ビデオ、レーザーディスクと名画に触れる機会が触れるにつれ、キャプラ作品にのめり込んでいったが、中でも「1日だけの淑女」「素晴らしき哉、人生」と「スミス都へ行く」は大好きな作品で、色々な媒体、バージョンで所有し観返している。本書により作品の制作背景など詳述され満足の一冊である。イタリア移民としての生い立ち→

  • あきあかね さん

     これまで無数の映画を観てきたけれど、最も好きな洋画はフランク·キャプラの『素晴らしき哉、人生!』だ。何度観てもラストシーンの大団円では滂沱の涙が流れ出る。 キャプラの生涯と作品をコンパクトにまとめた本書は、山田洋次監督の談話から始まる。太平洋戦争の足音が忍び寄る時代、俳優としての活動の場を失った宇野重吉は絶望し、死ぬ前に一本映画を観ようと思い、偶然、キャプラの『スミス都に行く』に出会う。宇野は身体の中に活力が湧いてきて、死ぬ気持ちが遠ざかったという。宇野が山田洋次に語った「山田君、映画は、一人の遠い⇒

  • ネムル さん

    『素晴らしき哉、人生』は公開当時は赤字だったのね。でも、80年代に著作権が消えて頻繁にテレビ放映されることによって、この作品に日の目が当たった、というエピソードは如何にもキャプラの映画っぽく心温まる。30年代の世界恐慌から赤狩り、その後に至るアメリカ人の精神的な風土の変化が確認できる。

  • mizzan72 さん

    「素晴らしき哉、人生!」は、観返す度少しずつですが、印象が変わります。若い頃よりも、40代の今の方がフランク・キャプラのメッセージが、素直に身体に入ってくる気がします。それはそうと、僕は世代的に「バックトゥ・ザ・フューチャー」を先に観たため、本作を初めて観た際、映画製作者の心の内を覗き見たような、別の意味での感動を覚えたものです。

  • imagine さん

    6歳でイタリアからアメリカに移り住み、苦労を重ねながらオスカーまで辿り着いた人生とその後の凋落。コロンビアの創立者ハリー・コーンと衝突しながらも成功を収めてゆく過程は特に面白い。チャップリンに出演オファーをしてふられていたというエピソードも意外。公開当時は赤字だった『素晴らしき哉、人生!』が、後に再評価されてクリスマス映画として定着したという事実が、映画の内容と重なっているようで、希望を与えてくれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上篤夫

作家。1986年にビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)、テッド・ターナー(CNN創業者)を単独取材した。1987年、ソフトバンクグループ代表・孫正義を初インタビュー、以来30年以上にわたって密着取材を続けている。深く鋭い洞察力には定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品