井上ひさし×赤塚不二夫の笑劇場

井上ひさし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309024073
ISBN 10 : 4309024076
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
139p;19

内容詳細

井上ひさしによる妄想キャストの当て書きコントに、赤塚不二夫が書き下ろした漫画とイラストがついた、夢のタッグによる笑撃必死の幻の連載、40年以上の時を経て、初の書籍化!

【著者紹介】
井上ひさし : 1934年、山形県生まれ。上智大学卒。浅草フランス座文芸部進行係等を経て文筆業に。「手鎖心中」で直木賞、『吉里吉里人』で読売文学賞、日本SF大賞等を受賞、他、小説、戯曲、テレビ脚本で受賞多数。2010年逝去

赤塚不二夫 : 1935年、旧満州生まれ。漫画家。2008年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • そうたそ@吉 さん

    ★★★☆☆ 井上ひさしの妄想キャストによる当て書きコントに、赤塚不二夫がイラストと漫画を付けたという何とも豪華な一冊。40年以上もの時を経て初の書籍化ということらしい。なんとも言えない暴走感から漂ってくる昭和の香り。皮肉あふれる井上ひさしによる妄想キャストには笑わされるし、赤塚不二夫のイラスト・漫画も毒味たっぷり。とにかく何も考えずさっくりと楽しむのに最適な一冊。ユーモアの名手ともいえるこの二人がタッグを組んだことって案外少なかったんだなあ……とつくづく。

  • kiho さん

    言葉の使い方やにじみ出る間の面白さ…オチのスッキリ感…時代を経ても「ふふっ」と笑えます⭐お2人の持ち味が掛け算で現れるところがスゴい♪

  • スプリント さん

    井上ひさしが書いたナンセンスコントに赤塚不二夫が漫画とイラストを当てた本です。かなり際どい作品もありますが彼らなら許せてしまいますね。

  • マサ さん

    面白い。昔発表されたもので、かなりブラックできわどいギャグもある。ギャグに勢いがあるのね。赤塚マンガで育った世代としては懐かしい。いい時代だったな。

  • 影法師 さん

    理想の配役に笑ってしまう

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上ひさし

1934年山形県生まれ。作家・劇作家。上智大学卒業。放送作家として活躍ののち、72年に「道元の冒険」により岸田國士戯曲賞、「手鎖心中」で直木賞受賞。81年「吉里吉里人」により日本SF大賞・読売文学賞を受賞。83年「こまつ座」を創立し、多くの戯曲を書き下ろし上演。99年菊池寛賞、01年朝日賞受賞、04

プロフィール詳細へ

井上ひさしに関連するトピックス

  • 二宮和也出演の映画を観る前に読みたい本 山田洋二監督の映画「母と暮せば」は、井上ひさし作の戯曲『父と暮せば』と対になる作品。娘を思い全力を尽くす父親の姿を描... HMV&BOOKS online|2015年10月10日 (土) 16:14
    二宮和也出演の映画を観る前に読みたい本

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品