ブラウン監獄の四季 河出文庫

井上ひさし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309414706
ISBN 10 : 4309414702
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
追加情報
:
281p;15

内容詳細

無断でNHKに下宿して、会長専用便器にしゃがみこんだこと、共に喫茶店に籠もり「ひょっこりひょうたん島」を書いた山元護久との思い出。20代〜30代まで放送作家として数々の番組に携わった著者の、テレビ業界が「録音に間に合わなくてもよいからよい台本を」「先番組、後管理」がモットーだった時代を振り返った回想録。

目次 : 監獄入りを果すまで/ 紅白のタイムマシンに乗って/ 改名は三文の得/ 原稿遅延常習者の告白/ 下痢と脂汗の日々/ わが人生の時刻表/ NHKに下宿したはなし/ 喫茶店学―キサテノロジー/ 書前・書中・書後/ ある悪徳ライターの反省/ 一盗一窃のひけめ/ 赤ん坊を背負った作曲家/ ザ・ドーナッツ、考査室と戦う その一/ ザ・ドーナッツ、考査室と戦う その二/ テレビポルノ批判の再批判/ 怪電話の怪婦人に与う/ 巷談俗説による日本放送協会論 その一巷談俗説による日本放送協会論 その二/ 巷談俗説による日本放送協会論 その三

【著者紹介】
井上ひさし : 1934年、山形県生まれ。上智大学外国語学部フランス語科卒。浅草フランス座文芸部員兼進行係などを経て文筆業に入る。72年に『手鎖心中』で直木賞、81年に『吉里吉里人』で読売文学賞、日本SF大賞などを受賞。他、小説、戯曲、テレビ脚本などで受賞多数。著書多数。2010年4月9日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はしーむ さん

    井上ひさしテレビ作家時代の記録であり、テレビそのものの青春と井上氏の青春が重なる。中でもコントづくりの基本型が記されているのも良かった。 @あるものの価値の変動 Aあるものの価値のなぞり Bあるものとまた別のあるものとの照応

  • ocean さん

    昔はよかったと言いながらちょっと問題行動起こし過ぎではないでしょうかね… ただ、昔の勢いがあったTV番組はこういう環境の中からこそ出てこれたものもあるかもしれない。今ではとても不可能だろう。

  • 岩田 健太郎 さん

    パワーがあります。マンネリ化してにたら読み返したい本。

  • レンコン餅 さん

    井上ひさしさんのテレビ歴史。始まりから終わりまで心境が変わっていく所が悲しい位分かる。年を取ると頑固になってしまう所が愛らしい。なんでなんだと戦い続けた男だと思った。

  • shun さん

     リアリズム演劇の大御所、井上ひさし氏に関しては反対の演劇の立場から距離を置いてきた私であるが,この本を読んで親近感が沸いた。井上氏の悪事は愉快でしかない。それを許す度量が世の中にもあった。後半のNHKに対する批判はこの現代においても全く同じ継続した問題だ。違うのは寛容さをもって批判を受け入れた昔と、不寛容で批判を許さない現在の体質の違いであろう。NHKに限らず社会のあらゆるところで、批判を許さず、相手にレッテルを張って攻撃し合う醜い光景が目立つが、互いに排除すれば解決すると考える無知な姿は悲しくなる。 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上ひさし

1934年山形県生まれ。作家・劇作家。上智大学卒業。「ひょっこりひょうたん島」など放送作家として活躍ののち、72年に「道元の冒険」による岸田國士戯曲賞、「手鎖心中」で直木賞受賞。81年「吉里吉里人」により日本SF大賞・読売文学賞を受賞。83年「こまつ座」を創立し、「頭痛肩こり樋口一葉」「人間合格」他

プロフィール詳細へ

井上ひさしに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品