はなしっぱなし上

五十嵐大介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309728506
ISBN 10 : 4309728502
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
250p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • JACK さん

    ○ 見慣れた景色の隙間には、ちょっぴり不思議な世界が広がっている、という宣伝文句がぴったりの短編集。緻密な絵、少ない台詞で描かれる独創的な物語は、圧倒的な力を持っています。お祭りに出掛けた少年が、蟲たちの世界へ迷い込む「お囃子が聞こえる日」、人魚売りの行商人が家を訪ねてくる「六花(むつのはな)」、女性の長い髪があちこちに落ちている古民家での不思議な体験「竜田姫に魅入られた話」、裏通りから路地に入ると猫が3匹いるのに大通りから路地に入るといないという「裏ねこ」等を収録。

  • ぐうぐう さん

    五十嵐大介のデビュー作、その新装版。読んでみて驚いた。デビュー作には、作家のすべてがあるとよく言われるが、この『はなしっぱなし』は、どこを切り取っても、五十嵐大介の血が流れ、どこをかじっても、五十嵐大介の味がする、第一歩からして、すでに五十嵐大介は完成していたことを知らしめる、鳥肌ものの、すごいデビュー作だ。

  • シカマル さん

    「見慣れた景色の隙間」。雨や風の音が聞こえてくるような絵だ。話の内容は前に読んだ『魔女』の方が好きかな。

  • 紅独歩 さん

    早くも三度目の新装版なのである。そして、何度読んでも、その新鮮さにびっくりする。なんでも描けちゃう五十嵐大介が、なんでも描いちゃったんだから、結構この上なし。巻末インタビューで影響を受けたクリエイターを聞かれ、でてきた答えが杉浦日向子と柳田國男。さもありなん。

  • tomdam さん

    想像力の種子を巻く本

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品