南へと、あくがれる 名作とゆく山河

乳井昌史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863290495
ISBN 10 : 4863290497
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
追加情報
:
246

内容詳細

漱石、白秋、山頭火、牧水、野呂邦暢、向田邦子、大城立裕らのゆかりの地で彼らの声に耳を澄ます…。北国生まれの著者が、光あやなす南の風土にあこがれて名作を手に訪ね歩いた旅のエッセイ。

【著者紹介】
乳井昌史 : エッセイスト。1944年6月、青森県生まれ。早稲田大学政経学部卒。読売新聞東京本社論説委員、文化部長などを経て、早稲田大学大学院客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

乳井昌史

エッセイスト。1944年6月、青森県生まれ。早稲田大学政経学部卒。読売新聞東京本社論説委員、文化部長などを経て、早稲田大学大学院客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品