ダンジョン飯 8 ハルタコミックス

九井諒子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047356269
ISBN 10 : 4047356263
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
追加情報
:
200p;19

内容詳細

不注意でチェンジリングの中に入ってしまったライオス一行。
ライオスはドワーフに。マルシルはハーフフットに、そしてセンシはエルフに……。
種族が入れ替わり、慣れない体で迷宮の最奥を目指す彼らを、
ガーゴイル、バイコーン、そして強くなって帰ってきた歩き茸の軍勢が襲う!

一方地上では、エルフの国からやってきた迷宮制圧特殊部隊、通称 “カナリア” が、その活動を開始。
ファリンのため、迷宮を攻略できるのか。
どうなる、ライオス!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yoshida さん

    九井諒子さんの発想力に感嘆する8巻。チェンジリングは唐突だったが、前巻のラストで伏線がありましたね。まさかの種族チェンジと回復方法に驚く。小ネタであるが、扉絵のキャラクターの種族変更の図に笑う。やはりエルフは美形だな。増える迷宮の探検者達。エルフ達が制圧に訪れる。転移術とか想像もつかないね。オーガのマルシルとか面白い。そしてチルチャックの隠していたプライベート。バイコーン捕獲もアイデア盛り沢山。この作品は、やはり九井諒子さんの発想力に驚き唸る。そしてファリンの救出は如何に。出来るだけ長く読みたい作品です。

  • 柏バカ一代 さん

    種族の入れ替わりが面白い。エルフのセンシが特にツボだった。薔薇が咲いてるwwwいや、ハーフフットの可愛いセンシも捨てがたいw オーガなマルシルも良かった。

  • garakuta さん

    相変わらずずっこけパーティーに可笑しくてたまらない。何のかんのと彼らのクエストは解けるのだろうか。

  • 雪紫 さん

    チェンジリングの影響で種族が入れ替わったライオス達。だがいつものようにドタバタである。耽美になったりちっちゃくなったりするセンシ、実にマイペース(さらっと治療薬をせしめて料理に加えたのがツボ、イヅツミの件といい理由込みで料理人の鑑)。ともあれファリンを元に戻す可能性は実にこの漫画らしいけど、ライオス、問題「「「そこじゃねーだろ!!!」」」・・・カブルーがなんか可哀想になってきた。シリアスパート担当のカブルー、マジ苦労人。

  • あまね さん

    なんか、一度登録したのに間違って消しちゃったみたいorz 前回衝撃の過去を知ってセンシに涙した皆さま、今回はセンシの変わり果てた姿に別の意味で涙が出たわ(笑) マルシルの女子力のおかげて、チルチャックの家族との関係がよくなるか。そして、ファリン救出の糸口も見つかった…のか? 表紙のカブルーもある意味大活躍。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

九井諒子に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品