五体不満足

乙武洋匡

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062091541
ISBN 10 : 4062091542
フォーマット
出版社
発行年月
1998年10月
日本
追加情報
:
20cm,270p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
周りが心配するなかで行われた五体不満足の...

投稿日:2021/07/04 (日)

周りが心配するなかで行われた五体不満足の我が子との初対面、第一声で『まぁ、かわいい』と言ったお母様の愛と母の強さが印象に残る作品でした。自身だったらその場で事実を受け入れ同じ行動はとれない…多分、泣き崩れてしまうと思います。ご本人の努力と共に素敵な両親がいたからこそ生まれた作品ですね。

@nzu さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
僕は日本語を習ったので友だちから五体不満...

投稿日:2010/10/12 (火)

僕は日本語を習ったので友だちから五体不満足をもらった。この本はふりがながあるので読み易いです。友だちはこの本をすすめた。『この著者は生まれた時手もない、足もない。でもすべての事をすれます』と友だちは言った。 作品は全体で3部に分かれており、 1部では、幼児期・小学校時代、 2部では、中学・高校・予備校時代、 3部では、早稲田大学時代 人々はいろいろな困難があります。例えば金問題とか愛情問題です。困難がある 時この本をもう一度読みます。 ぜひおすすめです。

中国人 さん | CANADA | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あつひめ さん

    今まで気にはなっていても読んでいなかった1冊。健常者と障害者と言う区分け。健常者とは特定の慢性疾患を抱えておらず、日常生活行動にも支障のない人をいうそうだが、体に疾患はなくとも最近は心を病んでいる人がどれだけいる事か。乙武さんの障害は不便だが不幸ではないと言う言葉。どれだけ健常者と言われる人がその事に気付いているだろうか。恵まれた環境と言う言葉でひとくくりにはできない。本人の努力、家族の努力。障害のある人には手を差し伸べるのはもっともなことだけど、本人が何を望んでいるのかを確認しながら接する必要を感じた。

  • Die-Go さん

    駅内無料図書にて。表紙の乙武氏の笑顔を見て、これもてるわと若干の嫉妬心が生まれたのは秘密にしておきたい。だって美男子なんだもん。さて、本書はその乙武氏が生まれてから大学で大活躍するまでを自叙伝の形で追っている。バリアフリーが謳われて久しいが、今の社会はその当時抱えていた問題をクリアてきているのだろうか?乙武氏も調子に乗っちゃって色々問題を起こしたけど、その萌芽はここにちょっとあるのかなと思わされるところあり。 全体的に楽しんで読めた。 ★★★★☆

  • takaC さん

    最近読んだどれかの本(どれだったか思い出せず)の解説でこの本のことに触れられていたの久しぶりに再読。家にはないので図書館本で。

  • こばまり さん

    福祉分野で働く男性が「僕はこの本が嫌いです」とハッキリ仰ったのが印象的で思わず手に取る。改めて読み返すと、幼い頃より小さな王様で特権意識を感じなくもないが、情熱的で自らの考えを持つ好青年ではないか。政治家に向いている。

  • 馨 さん

    ご本人の頑張りもお人柄も素晴らしいものですが、私が驚いたのはお母さん!生まれてきた我が子を初めて見られた時の感情がすごいと思います。普通なら大ショックだろうに。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド