ボクのかしこいパンツくん

乙一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781608297
ISBN 10 : 4781608299
フォーマット
発行年月
2012年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p 27×22cm

内容詳細

ボクたちは、いつでも一緒。少年がパンツと過ごした、かけがえのない日々。鬼才・乙一の異色短編を、長崎訓子が絵本化。

【著者紹介】
乙一 : 1978年福岡県生まれ。16歳のときに執筆した「夏と花火と私の死体」でジャンプ小説大賞を受賞しデビュー。現在、複数の名義で活躍中

長崎訓子 : イラストレーター。1970年東京生まれ。多摩美術大学染織デザイン科卒業。書籍の仕事が中心だが、刺繍の図案やグッズ、映画コラムの連載なども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    まさか、初乙一がこの本になろうとは、予想だにしてなかったなぁ。これは乙一らしいテイストなんだろうか?小学生のボクが主人公。ボクがはいているパンツが授業中に突然話し始める。勉強ができる訳でもないし、友達がいる訳でもないし、何ができる訳でもないボク。でも、パンツくんは賢くて、いろんなことを教えてくれるんだ。毎日、一緒にいてたくさん話をして、誰よりも大切で信頼できるボクのたった一人の友達だった。友達だったんだ…。ちょっと、ドラえもんとのび太を思い出してしまいました。二人の関係に近いのかなぁ。

  • むらKみ さん

    乙一これから読んでいこうと思ってたのですが、絵本の原作をしているのを聞いて読みました。ピョン吉とひろしの「ど根性ガエル」を思い出しました。でもこのパンツは物知りですよね。別れが意外とアッサリしてたけどパンツくんとの思い出は、、「ボク」が成長していく中で、心の支へになることでしょう。子供達はこの絵本を読んでどんな感想を持つのかな?  (土日は絵本も少し読んでみます)

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    乙一氏原作の絵本。いい話だった。高学年に読み聞かせしたらいいんじゃないかな。いつの間にか成長してパンツくんとお別れになってしまう。主人公に感情移入して読んでしまう。少し物悲しいけれど、成長が誇らしい。

  • 月子 さん

    想像していたよりも切ない話でよかったです◎皆さんの感想を読んで、乙一の「失はれる物語」に出てくると知ってびっくり!読んだはずなのに覚えてない…(T_T)もう一回読もうかなぁ…。

  • 湘子☆ さん

    乙女にはわからない世界(笑) アニメのケロロにも冬樹がブリーフ卒業するお話があってそっくりだったけど、男の子ってみんなこんな感じなんですか?(^^) 微笑ましい限りです。パンツくんの絵もすごくかわいかった♪イェーイ♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

乙一

1996年「夏と花火と私の死体」で第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビュー。2003年『GOTHリストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品