脳が老いない世界一シンプルな方法

久賀谷亮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478103579
ISBN 10 : 4478103577
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
追加情報
:
293p;19

内容詳細

「大人の脳=老化…」 はウソ!? 脳が衰える人、成長を続ける人の違いとは? イェール大で学んだ米国医師が明かす「エイジング研究」の最前線。何歳からでも頭が冴える脳科学メソッドを「マンガ&イラスト図解&ストーリー」でわかりやすく解説!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • JOJO さん

    どうすれば老いないのかシンプルに解説してくれている本。本書の素晴らしい点は「老い」に関する認識を明確にしてくれる所だ。脳が老いる最大の原因は「ストレス」。ではストレスを軽減するにはどうしたらいいのか? それは「マインドフルネス」を実践すること。マインドフルネスとは”今ここに集中する”という状態。マインドフルネスといえば瞑想と一般的には認識されているが、瞑想以外にもマインドフルな状態になれる。ただ歩いたり階段を上ったりしているだけでも。マインドフルに生きている人は本当に素晴らしい! 自分もそうなりたい。

  • aloha0307 さん

    冒頭 ジェロントフォビア:老いへの不安感 はすでに老いてる人たちへの嫌悪・敵意 を生み出す...に心底ゾーっとしてしまう。昭和はそうでなかった(己のノスタルジーか?)Default Mode Network(DMN)の章では いかに己が過去と未来に囚われ、雁字搦めなのかよくわかったよ(;_:) これじゃ、テロメア:長寿遺伝子 がかなり短くなっているなあ...「いまここ」に集中しなくちゃ...

  • くろうさぎ さん

    マインドフルネスの利点を再認識する内容でした。そうは言ってもなかなか「今ここ」に意識を向け続けるのは難しい。それでも何度でもやって習慣にしていきたいと思います。本自体は読みやすかったけど自分の中に完全に落とし込めるまで気になるポイントを再確認し、脳を休ませるためにマインドフルネスをやる機会を増やしていかなくては…。

  • ソーニャ さん

    脳に興味があるので読んだ。 脳の老いの仕組み、テロメアを長く保つための方法、いかに死と向き合うか、今に意識を向けるか、マインドフルネスと言った内容。 冒頭の漫画は本に入っていくのに効果的だし本文も対和形式の小説風で読みやすかった。具体的に何をしていけばいいかというまとめがあるのも良い。 若さを決めているテロメアを長く保つにはという科学的側面の話をしっかり保ちながらも、それにとどまらず老いに対する恐怖やステレオタイプから解放させてくれる本だった。

  • きむロワイヤル さん

    脳の老化にスポットを当てて、体の老化よりも、脳の老化の方が恐ろしいこと、どうやったらそれを防ぐことができるかということを、物語形式で教えてくれる。脳の老化を防ぐためには、キチンと栄養を取ること(地中海ダイエット等)、キチンと休養すること(睡眠を取ること、ただとるのでなく、効果的な睡眠を取ること)、そして、脳を無駄に浪費しないこと、このためにはマインドフルネスがいちばん!ということで、ここで一番ページを割いて、マインドフルネスのやり方を教授。うつにも効くそう。すごいな!マインドフルネス!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

久賀谷亮

M.D./Ph.D.医師(日・米医師免許)/医学博士。イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほ

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品