かくしごと 12 月刊マガジンKC

久米田康治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065199817
ISBN 10 : 4065199816
フォーマット
出版社
発売日
2020年07月17日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
152p;19

内容詳細

11歳の誕生日を迎えた姫ちゃんに後藤先生がプレゼントした物、それは――? そして、それから7年の時が経ち、父と娘の間にあった「かくしごと」は、姫ちゃんの知るところになった。18歳の姫ちゃんは、変わり果てた父・後藤先生の姿に何を思い、何を願うのか――。愛と笑い、ちょっと感動の漫画家パパ&小4娘物語、ついに完結!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 柏バカ一代 さん

    アニメに全権委任されたと勘違いして、滅茶苦茶言いまくる編集が担当漫画家の悪評を振り撒く。。それを編集長が家庭訪問のタイミングで来て娘と作品の扱いを混同する話の持って行き方が見事。最後は記憶の整理出来て来たら娘に見るなと言って、、姫ちゃんの秘事で終わり。姫ちゃんも多才だね。

  • 山猫 さん

    そうきたか。やられたな。姫ちゃんのお母さんはまだ帰って来ないけど、一応ハッピーエンドだな。

  • ソラ さん

    アニメで先に完結は知っていたけれど今回もきっちり綺麗に終わったなぁと。

  • あ さん

    いいところに落とした。やはり言葉遊びの巧みさが効いているが、優しいソフトランディングはギャグマンガを良質に見せる。週刊から月刊に代えて、あーでもない、こーでもないと揉んだ方がいい感じがします。

  • ミミズク さん

    漫画全巻揃えてよかった。好きしかない。 紙の本がなくなるかもしれない未来か…。最近やっと読書をするようになって、小説とか漫画をシリーズで揃えたいって思い始めたので、文明の進化が若干憎く感じられる…。笑 原作人気がなかったから12巻で終了って本当なんだろうか。作者がそう書いてるんだから本当なんだろうけど、アニメの力って本当にすごい、、、知名度すごく上げたし、10巻で終了だったところを12巻まで引き延ばしたんだもんね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

久米田康治

1990年、『行け!! 南国アイスホッケー部』で第27回小学館新人コミック大賞で入賞し、デビュー。 代表作は『かってに改蔵』『さよなら絶望先生』。時事ネタや過激なパロディ、ブラックユーモアでコアな人気を集めている。

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品