よんでますよ、アザゼルさん。 13 イブニングKC

久保保久

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063546125
ISBN 10 : 4063546128
フォーマット
出版社
発売日
2016年04月22日
日本
追加情報
:
167p

内容詳細

1.マラマラ様のご利益で精力倍増!
2.さくま母初登場、即修羅場!?
3.私立エクスタシィ学院開校!!
4.迷犬・イヌオが僕たちに教えてくれたこと

などなど、抱腹絶倒間違いナシナシのエピソード満載!! 累計300万部突破!今よりもっとかわいくなりたい皆のためのギャグ&プリチーCOMIC最新刊!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 袖崎いたる さん

    この作品はほんとえげつない。ブラックユーモアっていうのかな?笑い所を自分は笑っていいのかいちいち考えさせられるので、素直にギャグとして見れないのがとってもアイロニカルな読書体験。この巻はオムニバスな感じで、短い話が幾つか。モチーフはエッチでビローでアクマがパンデミックなドタバタものなのだけれど、その見た目に反して描かれるテーマがヘビーなのよね。その意味で読者は視力を問われてる。コロコロとシチュエーションとエピソードを変えられるのも、アザゼルさんの軽佻浮薄で飽きっぽいキャラのおかげなんだなとしみじみ思う。

  • ハル さん

    わお!いつの間にか新刊が出とるがな!相変わらず下ネタしかない酷すぎる(いい意味で)作品やがな!!笑 しかし!さくまさんは巻が進むにつれ、どんどん可愛くなってきている気がするな…

  • むきめい(規制) さん

    マラマラ様が一番向いてるんじゃないのかな。そう思えて仕方がないです。サクちゃんの母親も登場して来て、更に男が話の重要人物になってくる。でも血のつながりがなかったのは安心しました。

  • よねはら さん

    巻を追うごとに底辺を押し下げる飽くなき下降志向!エロマンガと呼ぶのもおこがましい下劣さ!映像化できるエピソードがここ最近一つもないぞ!汚い話の間にさくまさんの呪いの元になってそうな要素を盛り込んでくるのがズルいですね。明かされるのはいつになるか分かりませんけど…

  • sskitto0504 さん

    じじい、実の娘に何させてたんだか…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品