彼方へ KAWADEルネサンス

丸谷才一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309022161
ISBN 10 : 4309022162
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
追加情報
:
214p;20

内容詳細

不倫を続ける会社役員の兄から、その愛人の言葉を聞き、俳優の弟は、死後の世界にとらわれ、新劇の世界の違和感に耐えられなくなる。…風俗の背後に人間の永遠を追求する初期傑作。

【著者紹介】
丸谷才一 : 1925年、山形県生まれ。東京大学文学部英文科卒。作家、翻訳家、エッセイスト、文芸評論家。主な小説に、『年の残り』(芥川賞)、『たった一人の反乱』(谷崎潤一郎賞)、『樹影譚』(川端康成文学賞)、『輝く日の宮』(泉鏡花文学賞)など、主な翻訳に、ジェイムズ・ジョイス『若い芸術家の肖像』(読売文学賞)など、主な評論に『忠臣蔵とは何か』(野間文芸賞)などがある。文化勲章受章。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぺったらぺたら子 さん

    私の為の小説。私はウルフ「灯台へ」「幕間」にチェーホフ「ワーニャ伯父さん」と同じテーマを見たが、著者も同じ発想を持ち、本書に籠めた。まず新古今の引用でテーマを示し、またウルフの手法・文体をそのまま使って「ワーニャ」論を繰り広げる。それはウルフについて何一つ言及されないままの、透明人間のようなウルフ論でもあるのだ。『おれは今チェーホフの本質をとらえた。ようやく』って「灯台へ」のラストやん!と、笑いつつ痺れつつ読んでいたら、最後は何とチェーホフの必殺技「うっちゃり」が炸裂!!あまりの事に、嬉しくて悶えました❤

  • がっちゃん さん

    一段落中の文で改行せずに場面が切り替わり、展開していく文体(書き方)が新鮮で面白かった。こういう表現もあるのね。内容の感想。考えるな、感じろ!

  • GO-FEET さん

    ★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

丸谷才一

1925・8・27〜2012・10・13。小説家、評論家、翻訳家。山形県生まれ。東京大学文学部英文科卒業。1945年入営。60年長篇小説「エホバの顔を避けて」刊行。64年、ジェイムズ・ジョイス「ユリシーズ」を翻訳。68年「年の残り」で芥川賞受賞。その後、「裏声で歌へ君が代」、「たった一人の反乱」(谷

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品