エホバの顔を避けて

丸谷才一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309021737
ISBN 10 : 4309021735
フォーマット
出版社
発行年月
2013年02月
日本
追加情報
:
325p;20

内容詳細

エホバの予言は実現されたのか。ヨナはにせの予言者にすぎなかったのか。旧約聖書の「ヨナ記」をもとに、世界の終わりの前の人間を美しい文章で描く、丸谷才一の記念碑的長編第一作。

【著者紹介】
丸谷才一 : 1925年、山形県生まれ。東京大学文学部英文科卒。作家、翻訳家、エッセイスト、文芸評論家。主な小説に、『年の残り』(芥川賞)、『たった一人の反乱』(谷崎潤一郎賞)、『樹影譚』(川端康成文学賞)、『輝く日の宮』(泉鏡花文学賞)など、主な翻訳に、ジェイムズ・ジョイス『若い芸術家の肖像』(読売文学賞)など、主な評論に『忠臣蔵とは何か』(野間文芸賞)などがある。文化勲章受章。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かつみす さん

    旧約聖書に材を採り、1959年に擱筆された最初の長編小説。平凡な靴職人のヨナはエホバの命を受け、世界の終わりを説くためにニネベへと赴く。自分が真の予言者であるのかどうか確信がもてず揺れ動くヨナの胸の内が、重厚で艶のある文章で描き出されていく。やがて彼は、絶対者であるエホバが強制する掟や倫理とは違うところに人が生きる意味があると説く娼婦ラメテと出会う・・・。終章の驚くべき語りもそうだけれど、とにかくこの人は最初から完成された表現力を持っていたことがよく分かる。読後にずしりと重いものを感じる、知られざる名作。

  • chiem さん

    タイトルと装丁で手に取った、いわゆる「ジャケ買い」だったが、この巡り合わせに感動。「信仰」という以前に「信じる」とは何なのか、何を信じて何を疑っているのか、これはヨナの話なのか、それとも自分のことではないのか。居心地はすこぶる悪いが、引き込まれるのが気持ち良い世界だった。

  • 星菫 さん

    主要人物3人の、それぞれの心の陰翳に、胸が押し潰されそうになった。ストーリーの緊迫感も凄い!あの丸谷才一氏がこういう小説を書いていたことにちょっと驚いた。

  • 月をみるもの さん

    解説が熱い。

  • miyamo さん

    2003.11.17

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

丸谷才一

1925・8・27〜2012・10・13。小説家、評論家、翻訳家。山形県生まれ。東京大学文学部英文科卒業。1945年入営。60年長篇小説「エホバの顔を避けて」刊行。64年、ジェイムズ・ジョイス「ユリシーズ」を翻訳。68年「年の残り」で芥川賞受賞。その後、「裏声で歌へ君が代」、「たった一人の反乱」(谷

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品