オーバーロード 13 聖王国の聖騎士 下

丸山くがね

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047349476
ISBN 10 : 404734947X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
 so-bin
シリーズ
:
追加情報
:
563p;19

内容詳細

アインズ・ウール・ゴウン死す。

四万の亜人連合の軍勢に包囲された聖王国。
聖王国最強の聖騎士レメディオスの指揮のもと、防衛作戦が実行されるも疲弊した人間軍は亜人の蹂躙を止められない。

王としての約束を果たすため、魔導王アインズは魔皇ヤルダバオトとその配下メイド悪魔にたった一人で立ち向かう。
そして――

紅蓮の炎につつまれた聖王国は救済されるのか―― 正義に導かれる13巻。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まりも さん

    アインズ死す、その全容が明らかになるシリーズ第十三弾。すげぇ。約600頁というちょっとした鈍器レベルの重みと厚みに手が震え、そのボリュームに負けない内容の面白さに心が震える。アインズvsヤルダバオトに始まり、シズ先輩とネイア後輩の友情ミッション、ジルクニフ亜人の友達が出来る、締めに教祖ネイア爆誕。内容をザッと挙げるだけでもこれだけあるんだからそりゃ面白いに決まってる。ただの茶番が何故これだけボリューミーかつ、鳥肌が立つくらい面白くなるのか。それはきっと魔導王陛下が凄すぎるから。流石はアインズ様である。

  • シン さん

    ★★★★☆ 今巻は面白かった。 恒例のデミウルゴス&アルべドの賢いコンビを相手にしての、 勘違いして崇め立て奉られる流れ好きだ。 ラストの運が良かっただけなのにも含めて。 それにしても嫌なヤツが人間側にいると面白さがかわるよね。 とりあえず帯の「〇〇死す」的な壮絶なネタバレはほんとやめてほしい。 ただ登場人物が微塵もそう思ってないくだりは面白かったが。

  • 銀の星 さん

    読了。シリーズ第13弾という事で、まさかのシズ回でした。これまで影が薄くあまり目立った動きのなかったキャラクターなので嬉しかったです。しかも意外やネイアと友達関係まで構築する展開とは……。楽しませていただきました。 さてお楽しみの内容は王国編の時以上のマッチポンプ劇場が凄まじくあの時以上にシリアスな展開な筈なのに笑ってしまう点が多かったです。特にルーンのステマは酷い(笑)。ステマになってませんよアインズ様? いつもよりも鈴木悟成分の多いアインズ様も可愛く最後のデミえもんの作戦は知ってるのかな?

  • すがやん さん

    前回を思い出すのに時間がかかった。分厚くて腕が痛いから、半分に分けて発売して欲しいかな。値段は嬉しいけれども。聖王国編完結。なんてマッチポンプ…ネイアは完全に、陛下の狂信者化したなあ。次はどこになるんだろう。亜人側の支配の様子も知りたい。

  • ユーモ さん

    アインズ様が死ぬわけないとは思っていたものの少しだけ少しだけ本当に死ぬんじゃないかと期待してた。いざ蓋を開けてみると訓練って。。今回も清々しいくらいのグロさとエグさだった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

丸山くがね

2010年頃、WEBにて『オーバーロード』を投稿。書籍化にまで至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品