オーバーロード 1 不死者の王

丸山くがね

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047281523
ISBN 10 : 4047281522
フォーマット
発行年月
2012年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
 so-bin
シリーズ
:
追加情報
:
389p;19

内容詳細

ネットで圧倒的人気を誇るWEB小説が堂々書籍化!!

その日、一大ブームを起こしたゲームはサービス終了を迎えるはずだった。
――しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。
意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。
なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい!?

骸骨の肉体を持つ最強の大魔法使い――モモンガの本当の伝説がここからはじまる!

ネットで圧倒的人気を誇るWEB小説が堂々書籍化!!
イラスト、総フルカラー掲載!!

【著者紹介】
丸山くがね : 2010年頃、WEBにて『オーバーロード』を投稿。書籍化にまで至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
面白かったです。自分としては文字に込めら...

投稿日:2019/01/13 (日)

面白かったです。自分としては文字に込められる情報量がちょうど良く読み応えがありました。いわゆる主人公最強ものですが飽きる事なく読むことができ楽しめました。読み応えがあるのでライトノベルと言って良いのか疑問ですがおススメです。

ミツハシ さん | 新潟県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • absinthe さん

    オンラインゲームの仮想現実に入ったきり出られなくなった男の話。小説としてはなかなか理解しがたい作品。ゲーム設定の専門用語が門外漢にわかりにくい。これはゲームのシステム説明とルールブックであり、物語はむしろオマケである。ストーリーはまるでテストプレイの実況のように見える。まさに切られようとしている人物の心理も動物的な死の恐怖とは無縁であり、回避や脱出のスキルは無かったかと逡巡する有様。しかもゲームルールは物語を理解する上であまり役に立っていない。

  • Yobata さん

    一大ブームを引き起こしたDMMORPG「ユグドラシル」のサービス終了日、伝説のギルドを作ったモモンガはゲーム内で感慨に耽っていた。そのまま終了時刻を迎えるはずだったが、その時を過ぎても終了せず、NPCが意思を持ち始め、ギルドごと異世界に飛ばされてしまう。階層主NPCを引き連れた死の支配者モモンガの冒険が始まる…。2016年一冊目。異世界転送で首領となって無双する世界観は「転スラ」と似てる?初巻は世界観やキャラ説明回。特に意思を持つようになったNPCの階層主達が多いのでそれだけでボリューム感が→

  • みりあ さん

    WEB小説でオンラインゲームを題材にしていてその世界に閉じ込められる…という系統だと、SAOを思い浮かべてしまうのは仕方が無い事である。でもそれぞれの良さは確実にある。この作品については、オンラインゲームの世界の”様々な立場”の視点から、物語を読む事が出来るのだ。NPCと言ってもNPCにもそれぞれに様々な種類がいるのだから。だがしかしこの巻では世界観やキャラクターにまだ掴み切れていない部分もあり、これからという印象。でも色々と丁寧に描かれていて良い。でもあの…敵をばっさばっさ倒す感じ、本当に堪らない(笑)

  • ランタン さん

    アニメから。 あまりイラストがないんだね。 モモンガ様最強で面白い。

  • HANA さん

    MMORPGの世界から帰れなくなって……という設定はありきたりなんだけど、見た感じ秘密結社の親分という事で悪役好きの自分にはツボにハマリまくり。web版を先に読んだ身としては、その加筆具合に唯々驚くばかり。新キャラも含めて、下手したら十倍くらいになっているのではないんじゃなかろうか。そのためか丸々一巻使ってプロローグを語っているように思えるけど。それと書籍版の方が主人公やその他の心理描写が丁寧で好感が持てる。加筆によって魅力を失う事もあるけど、これはストーリー変更も含めていい方向に回っているように感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

丸山くがね

2010年頃、WEBにて『オーバーロード』を投稿。書籍化にまで至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

丸山くがねに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品