丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ

丸屋九兵衛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907435837
ISBN 10 : 4907435835
フォーマット
発行年月
2016年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
 N.W.A.
追加情報
:
191p;19

内容詳細

大ヒット映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』字幕監修者が、名セリフと名場面を読み解く副読本!

80 年代後半から 90 年代前半、カリフォルニア州コンプトンから登場し、良くも悪くも全米を揺るがしたのが元祖ギャングスタ・ラップ・グループ「N.W.A」。そんな N.W.A の軌跡を描いたのが、昨年のアメリカ映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』だ。本国アメリカでは『ミッション・インポッシブル』を破って初登場 1 位という悶絶級ヒット!日本でも動員 7 万 5 千人超え/興行収入 1 億円超えのヒットとなった。 同作品の日本語字幕を監修し、ラジオ・イベント・ツイキャス等でも宣伝隊長のごとく頑張り、公式ツイート文章作成も担当したのが、髪型も N.W.A 的な丸屋九兵衛。そんな「N.W.A の権威」が、同映画の重要セリフ&重要場面を選び、それを読み解くのが本書。ヒップホップに疎い映画ファンは読み取れなかったであろう、各場面に秘められた真意……いや、ヒップホップ・マニアですら見落としているかもしれない文化的背景が、たくさん散らばっている映画が『ストレイト・アウタ・コンプトン』なのだ。そんな「知られざる解読困難映画」を解説するのが本書、字幕監修者が書きおろす副読本である。「重箱の隅を面白くする男」、丸屋九兵衛に期待せよ!

著者: 丸屋九兵衛
ブラック・ミュージック専門誌あらた めヒップホップ/ R&B 専門サイト 『bmr』編集長。特殊黒人音楽評論家で あり、ラジオ DJ /ニコ生トーカー/ 世界史ダークサイダーとしても活動。

【著者紹介】
丸屋九兵衛 : 創業から40数年の老舗ブラック・ミュージック専門誌『ブラック・ミュージック・リヴュー』あらためヒップホップ/R&B専門サイト『bmr』編集長にして特殊・黒人音楽評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • go さん

    色々裏話が書いてあって面白い。そりゃエンターテイメントだからね。

  • bpm95 さん

    10時10分の眉型に、爆笑のズンドコだった。

  • Masaaki Kawai さん

    一番ええと思うセリフはドレーの「自分自身のボスでありたい」てやつやけど、そういうんを紹介するのではなく、背景とかの解説でした。おかげで理解は深まって、また見たくなった。ズートピアで、2015年のベストムービーの1つはストレイト・アウタ・コンプトンて言われてるらしく、ディズニー映画を見る人らもNWA分かってるアメリカがすごい。ズートピアのその部分だけ見たいやん。

  • 百じ さん

    随所に新たな知覚の扉が開く可能性を感じる一冊。。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

丸屋九兵衛に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド