契丹伝奇集 河出文庫

中野美代子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309404677
ISBN 10 : 4309404677
フォーマット
出版社
発行年月
1995年11月
日本
追加情報
:
348p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 棕櫚木庵 さん

    「耀変」の,星空が印象的だった.全体として,面白かったけど,なんとなく感覚があわないような気もした.「掌篇四話」の内の「考古綺譚」に“リラダン「ヴェラ」に擬す”あったので,先にリラダンの方を読んだ.これが大当たりでした.

  • 三柴ゆよし さん

    あの『西遊記』の翻訳は物凄い仕事だし、評論も本家筋の澁澤龍彦よりおもしろかったりするんだけど、このひと、小説はへたっぴだった。カフカ『城』のオマージュと思われる「青海」についても、成功しているとはいいがたい。あれはとことん「からっぽ」なところがおもしろいわけであって。

  • きょんちん さん

    「女俑」の終わり方が悲しかったのをよく覚えてます。図書館で。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中野美代子

1933年北海道札幌市生まれ。北海道大学文学部中国文学科卒業。北海道大学文学部、言語文化部教授を経て、同大学名誉教授。中国文化史家。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品