おはなしトンネル

中野真典絵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781610689
ISBN 10 : 4781610684
フォーマット
発行年月
2013年10月
日本
追加情報
:
31

内容詳細

ラッパのおとで幕ひらく。空地でちょうが乱舞する。ピエロが風船ふくらます。おはなしトンネルはじまりはじまり。

【著者紹介】
中野真典絵 : 1975年、兵庫県生まれ。大阪芸術大学卒業。在学中に大阪(現在は京都)のSELF‐SOアートギャラリーにて初個展。その後も毎年、京都、東京にて展覧会を開催。叙情と大胆さを併せ持つ作品で注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベーグルグル さん

    図書館の梅雨の時期のオススメコーナーにあった本。独特の世界観があり、空想のお話なので小さい子には難しいかな。借りた時に司書さんからオススメがあり、YouTubeで中野真典『雨、のちのち』が癒されるとの事で読んだ後に観てみました。この雨の時期に観るとなかなか味わい深く楽しめました。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    列車が通る鉄道下の小さなトンネル。 外は雨ふり。 誰もいないトンネルで、入り込んでくるいろいろな音を聞いていたら、想像の世界でいろいろなことが起こったのですね。 こう言ったイマジネーションは大好きです。 きっと不安感の裏側なんだろうな。 雨が止んで、お母さんが出迎えに来て、空想は終わりました。 この子は、お母さんにどんなお話をするのか、ちょっぴり気になりました。

  • リハビリ中の雨巫女。 さん

    《書店》めくるめく不思議な世界。

  • めたる@灯れ松明の火 さん

    イーストプレスの絵本セットの中の1冊。他の3冊も そうだけど、小学校の図書室に配架するのは、考えちゃう。個人的には、好きなんだけどね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中野真典絵

1975年、兵庫県生まれ。画家、絵本作家。大阪芸術大学在学中の1997年、SELF‐SOアートギャラリーにて初個展。卒業後保育士として勤めた後、本格的に作家活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品