TOKYO NOBODY 中野正貴写真集

中野正貴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898150313
ISBN 10 : 4898150314
フォーマット
出版社
発行年月
2000年08月
日本
追加情報
:
21×27cm,1冊

内容詳細

誰もいない東京。誰もが知っている場所の誰も見たことのない風景。人のいない場所を求めて10年以上も撮り続けた写真家が今世紀に残す問題作。

【著者紹介】
中野正貴 : 1955年福岡県生まれ。1956年〜東京在住。1979年武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科卒業。写真家・秋元茂氏に師事。1980年〜フリーランス・フォトグラファーとして、雑誌表紙及び各種広告撮影を手掛ける。2000年秋、写真集「CUBA Dia Y Noche」が求龍堂より発売予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ジュール リブレ さん

    誰もいない東京の街。どうやってこんなシーンを撮るのかなと思ってたら、ホントにこんなシーンが現れた2020年。ふと思い出したこの写真集を改めて眺めてみる。無機質な街よりは、やはり人が行き交い活気のある街がいいな。早くまた、自由に歩き回れるように。

  • 山口透析鉄 さん

    これも最初は図書館本で読みました。その後、古書を入手しました。最初に知ったきっかけは確か、筑紫哲也NEWS23だったかで展示会が紹介され、藤原新也氏なども感想を述べられていたので借りて読んだのです。 普段とさほど変わりないような風景ですが、人が誰も写っていないだけで不思議な変化をするのが見事です。 正月やお盆、GWの早朝等に張って撮影を敢行されたそうですが、大変な手間暇だったでしょう。発想の勝利です。

  • たまきら さん

    書庫整理中。90年代にCGも使わずに誰も映り込まない東京を撮影する、という不思議な写真集に出会い、すごくひかれた。廃墟じみた雰囲気が当時の自分の心を刺激したのかもしれない。いま、家で好きなだけグーグルで旅気分を味わえるけれど、やっぱり写真家さんの切り取ったものは面白いなあ。

  • マカロニ マカロン さん

    個人の感想です:B。『ペルソナ・脳に潜む闇』(中野信子)の中で紹介されていた写真集。新宿、日本橋、銀座などの繁華街の風景写真だが、画面には一切の人影、車などがない。1990年〜2000年にかけて主に正月とお盆の人の少ない早朝時を狙って撮られたのだろう。普段人が途切れることのない渋谷駅前から一切の人が消えるとなんと不気味な世界になるのか!車の走っていない高速道路が見せるSF的な景色はなんとも不気味。今から20〜30年前の東京は高層ビルも少なくまだ空が広い。銀行の看板は皆統合してしまい現存する名前がない(笑)

  • ジュール リブレ さん

    不思議な本でした。東京の街角、誰もいない。。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中野正貴

写真家。1955年福岡県生まれ。1979年武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科卒業。写真家・秋元茂氏に師事。1980年〜フリーランスのフォトグラファーとして、雑誌表紙および各種広告撮影を手掛ける。2001年『TOKYO NOBODY』で日本写真協会新人賞受賞。2005年『東京窓景』で第30回木村

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド