はじめてのルーヴル 集英社文庫

中野京子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087455021
ISBN 10 : 4087455025
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
追加情報
:
249p;16

内容詳細

ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」、ダヴィッド「ナポレオンの戴冠式」、カラヴァッジョ「聖母の死」…よく知っているはずの見慣れた名画が、中野京子の導きでこれまでとはまた別の顔を見せ始める。描かれた人物のその後や作者の生い立ちを知って、絵画をもっと楽しもう!全68点、オールカラーで見どころを余すところなく解説。展示場所がひと目でわかる館内案内図付き。これ一冊でルーヴル丸分かり。

目次 : なんといってもナポレオン―ダヴィッド『ナポレオンの戴冠式』/ ロココの哀愁―ヴァトー『シテール島の巡礼』/ フランスをつくった三人の王―クルーエ『フランソワ一世肖像』/ 運命に翻弄されて―レンブラント『バテシバ』/ アルカディアにいるのは誰?―プッサン『アルカディアの牧人たち』/ 捏造の生涯―ルーベンス『マリー・ド・メディシスの生涯“肖像画の贈呈”』/ この世は揺れる船のごと―ボス『愚者の船』/ ルーヴルの少女たち―グルーズ『壊れた甕』/ ルーヴルの少年たち―ムリーリョ『蚤をとる少年』/ まるでその場にいたかのよう―ティツィアーノ『キリストの埋葬』/ ホラー映画―作者不詳『パリ高等法院のキリスト磔刑』/ 有名人といっしょ―アンゲラン・カルトン『アヴィニョンのピエタ』/ 不謹慎きわまりない!―カラヴァッジョ『聖母の死』/ その後の運命―ヴァン・ダイク『狩り場のチャールズ一世』/ 不滅のラファエロ―ラファエロ『美しき女庭師』/ 天使とキューピッド―アントワーヌ・カロンまたはアンリ・ルランベール『アモルの葬列』/ モナ・リザ―レオナルド・ダ・ヴィンチ『モナ・リザ』

【著者紹介】
中野京子 : 作家・独文学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 扉のこちら側 さん

    2018年187冊め。絵を鑑賞するのは好きだが、題材や制作の背景にまで気が回らないタイプである。今後も美術館に足を運んでは「これ好き」「これ綺麗」程度の鑑賞を続けるだろうけれど、こういった本を読むのもまた好きなのである。作中の作品としては『アヴィニョンのピエタ』についてのトリミング話が印象的。

  • 栗羊羹 さん

    今まで絵画は、なんとなく眺めるもので、美術館を出た時、あ〜いい時間を過ごしたな…でした。でも、予備知識があると違います!今まで全く知らなかった視点から観ることの楽しさ、ワクワクをこの本は教えてくれました。

  • さつき さん

    フランスは私には未踏の地でルーヴル美術館には憧れを持っています。いつかは行ってみたいなぁ。中野さんの本は読みやすく、面白いこぼれ話がいっぱい。楽しく読みました。

  • リキヨシオ さん

    「怖い絵」で有名な中野京子氏によるルーヴル未経験者向けの有名作品の解説本!年間千万人の人々が訪れて、絵画だけで七千五百点以上の圧倒的スケール!歴史ある世界最高の美術館「ルーヴル美術館」…一度は行ってみたい!しかし七千五百点もある絵画…全部見るのは絶対不可能!?誰の作品を見ればいいのか!?スケールが大きすぎて考える事すらほぼ不可能!?だからこその本書「はじめてのルーヴル」が役に立つ!?しかしこの先、ルーヴルに行く予定も予算も全くない…ルーヴルへの憧れ…現状は本書で我慢するしかない!

  • 青蓮 さん

    ルーブル美術館に展示されてある内、有名どころを中心に押さえておきたい作品セレクションの絵画エッセイ。中野京子節全開で、読みやすく、美術の知識がない自分でも興味深く読めました。ラファエロの絵が好きですね。絵画や宗教画のミステリーものと比較して読むと面白さ倍増です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中野京子

北海道生まれ。作家・ドイツ文学者。2007年に『怖い絵』で、新たな絵画の見方を提言して注目される。専門はドイツ文学、西洋文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品