フィジカルエリートが実践する仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術

中野ジェームズ修一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062202589
ISBN 10 : 4062202581
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
追加情報
:
189p;19

内容詳細

フィジカルエリートが実践する、仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術。オリンピック選手、駅伝選手のフィジカル&メンタルを変えたトップトレーナーが教えるテクニック。

目次 : 1 疲労解消の鍵を握るセルフモニタリング/ 2 その日の疲れから回復する眠りの技術/ 3 「守り」×「攻め」のリカバリー法/ 4 疲労に打ち勝つ食事/ 5 ストレスコーピングでメンタルを強化する/ 特別付録・1 疲れをリリースするストレッチポーズ集/ 特別付録・2 疲労回復度アップセルフモニタリングシート

【著者紹介】
中野ジェームズ修一 : 1971年生まれ。フィジカルトレーナー/フィットネスモチベーター。米国スポーツ医学会認定運動生理学士。日本健康心理学会認定健康心理士。アディダス契約アドバイザリー。日本では数少ないフィジカルとメンタルの両面を指導できるスポーツトレーナー。各種トップアスリートのパーソナルトレーナーを務め、卓球の福原愛選手の五輪2大会連続メデル獲得にも貢献。また、青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)のトレーナーとして、体幹・フィジカルの強化指導を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ボンヤリノスキー さん

    この方の本はラン関係で今までに参考にしてきた。しかし、この本は二番煎じの印象が拭えない。著名になられた運命なのか?書きたくて書いた本なのか疑問に感じた。確かに疲労やストレスに関するニーズは高まる世の中だから、マーケット的には正しい本なんだろう。「おわり」にを読めば、著者自身のこの本に対する自信のなさも伺える。最後に参考引用文献が掲載されているのがせめてもの救いか。しかし、どの部分が引用かも書いてないし、我田引水と思われてもいた仕方ないかも。

  • yukari さん

    巻末で紹介されていた肩こり腰痛軽減のためのストレッチはなるべくやっていきたい。休息の取り方にはパッシブとアクティブがあり、パッシブは本を読んだり映画を見たりあまり身体を動かさないもの、アクティブは軽い運動など身体を動かさないもの動かすもの。これらを組み合わせることで疲労回復が図れる。自律神経をととのえる呼吸法みたいのが紹介されていたが、変性意識に入っていきそうなあたり、たしかに瞑想と似たような効果がありそうだと感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中野ジェームズ修一

1971年生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士。アディダス契約アドバイザリー。日本では数少ない、メンタルとフィジカルの両面を指導できるスポーツトレーナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品