SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

中邑真輔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781615530
ISBN 10 : 4781615538
フォーマット
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
218p;19

内容詳細

<内容紹介>
アメリカでも、ナカムラ・フィーバーが止まらない!!!!
「求めていたものが、そこにあった」――人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

<著者紹介>
中邑真輔(なかむらしんすけ)
1980年2月24日生まれ、京都府出身。高校時代からレスリングをはじめ、青山学院大学レスリング部でキャプテンを務めたのち、新日本プロレスに入門。2002年のデビュー直後から格闘技路線の申し子として期待を受け、MMAルールでアレクセイ・イグナショフらに勝利。2003年にはデビュー最速(1年4か月)、最年少(23歳8か月)でIWGPヘビー級王座戴冠を果たす。2009年に「CHAOS」を結成してからは、ボマイェ(=キンシャサ)をフィニッシュ・ホールドとし、それまで以上に幅の広いファイトスタイルに変身。2012年にIWGPインターコンチネンタル王座を獲得し、さまざまな相手と激闘を展開してファンを魅了。2016年1月、新日本プロレスを退団し、世界最大のプロレス団体・WWEへと移籍。同年4月にNXTでデビューを果たすと、8月にはNXT王者となる。2017年4月、SmackDownに昇格。現在、アメリカを中心に世界中でカリスマ的人気を誇っている。

<目次構成>
#01 ありがとう、新日本プロレス
●頭の片隅にあったWWE
●フィン・ベイラーの存在
●震災で“死”について真剣に考えた
●フィラデルフィアでの体験
●WWE行きを決意した
●ウェットにならざるをえなかった菅林さんとの関係
●「さよなら」とは言わない
●波乱万丈の13年間

#02 WWEデビュー 
●ビンスとの対面
●テイクオーバー:ダラス
●本名がそのままリングネームになった
●必殺技“ボマイェ”が“キンシャサ”に変更に

#03 アメリカでの日常生活 PART1 
●オーランドという街
●週4日はサーフィンをやりに海へ
●外食でテンションが上がらない…
●やっぱり美味いラーメンが食べたい
●世界一のハンバーガーはメキシコにある

#04 WWEでレスリングをするということ
●数字と実力主義
●年齢やキャリアは関係ない
●最後はやっぱりレスラーの力量
●アメリカのプロレスファン気質

#05 アメリカでの日常生活 PART2
●英語は伝わればOK
●ポータブルのウォシュレット
●車選びは慎重に
●ヘアースタイルをいかにキープするか
●日本のスナックが恋しい
●絵について
●テレビは観ない

#06 NXTでの一年
●世界標準のレスリングが学べる場所
●日本人スーパースターたち
●わずか3か月で日本凱旋
●レスリングと訴訟社会
●ボビー・ルードとのNXTラストマッチ
●日米のサイコロジーの違い
●NXTはHHHの情熱とセンスの結晶

#07 スマックダウン昇格
●スマックダウン所属を知ったのは2日前
●スーパースター全員がスペシャリストである
●WWEの連続するストーリー
●毎週火曜日に会う戸澤君
●刺激を受けたスーパースターたち
●レッスルマニアは目指すべきところ

#08 裏・中邑真輔
●プロレス入りをする前はつらかった
●ネガティブな人には近寄りたくない
●お金について
●持病

【著者紹介】
中邑真輔 : 1980年2月24日生まれ、京都府出身。高校時代からレスリングをはじめ、青山学院大学レスリング部でキャプテンを務めたのち、新日本プロレスに入門。2002年のデビュー直後から格闘技路線の申し子として期待を受け、MMAルールでアレクセイ・イグナショフらに勝利。2003年にはデビュー最速(1年4か月)、最年少(23歳8か月)でIWGPヘビー級王座戴冠を果たす。2009年に「CHAOS」を結成してからは、ボマイェ(=キンシャサ)をフィニッシュ・ホールドとし、それまで以上に幅の広いファイトスタイルに変身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Y2K☮ さん

    異国で生きるとはもうそれだけで面倒な気苦労が絶えぬ様で。当たり前が当たり前じゃないリアル。でも「これが普通だよね」と己に言い聞かせてポジティブに変換。根がネガティブだからこそ。本当は人見知りでビビり。だから挨拶をしっかりして笑顔を見せるし、緊張を抑える術を研究する。新しいファンは彼を非の打ち所の無い完璧なヒーローみたいに捉えがちだけど、私の中の中邑真輔はまさにこういう男。内面的な部分だけなら自分に近い。だから秘かに夢を託しつつ、でも「いや負けたくない」と思える存在。同い年だし。いつか対等な立場で会いたい。

  • Y2K☮ さん

    本を読む、書く(ここのレビューも含む)、売る。全てワンセットの大事なライフワーク。中邑真輔における旅とプロレスがそれか。且つ私にとっての創作は彼におけるサーフィンとも重なる。今日もDAZNで試合を見たが、やはり心の内側をくすぐられる。無性に創りたくなる。現地での異名は”Artist As Known"。インスパイアしてくれる芸術こそ己にとっての本物。昔ながらの知恵や価値観を重んじつつ、時代に即した変化も忘れぬ柔軟さ。自由で斬新な動きの内に潜む保守の安心感。全てに通ずるバランス。君の活躍を励みに夢を生きる。

  • 0607xxx さん

    独特の世界観で人々を魅了し、自身の価値観でなりたい自分になる中邑真輔の生き方は、羨ましさと共に憧れでもある。「人生、嫌なことが起こるのも普通だよね」という全てを受け入れ、ポジティブに考える姿勢は見習おう。続編希望!

  • スウィーニー校長 さん

    ★★★☆☆ 新日本プロレスを退団しWWEで活躍中の中邑選手。アメリカ生活や、WWEでの体験などが書かれています。 アメリカでは外食が楽しめず(チップがいるとか)自宅での食事が増えた。外食が楽しめないからアメリカはファーストフード店が発展したのでは?と。 WWEの日本興業が近づくと、選手たちが凄く楽しみにしているのが分かるそうです。(日本の飯が食えるぜ〜 って事らしい)

  • フロム さん

    ユーチューブで見た、入場シーンのあんまりのヘンテコさに俄然興味が出て、読んでみた。感想は凄い繊細で気にしいの人なんだなと。ポジティブであることの難しさ。故にそれを普通つまり平常レベルまでもっていくというのはサラッと書いてあるが実は相当努力して培ったものであるように感じる。この人はどこへ行くんだろう?できれば格闘技という軸足をずらさないで生きて欲しいと思う

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品