白洲正子 TRAVELING DAYS

中谷美紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898152720
ISBN 10 : 4898152724
フォーマット
出版社
発行年月
2009年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24

商品説明

NHKドラマスペシャル「白洲次郎」より白洲正子の西国巡礼の旅を再現。

09年の2月に始まった、白洲次郎の伝説の生涯を初めて描いたNHKスペシャルドラマ「白洲次郎」。
その次郎の妻である、白洲正子を女優・中谷美紀が演じました。
本書はドラマとは異なる視点で写真を構成、「作家・白洲正子」を形作った西国巡礼・琵琶湖畔の旅を再現しています。
凛とした空気感と日本の風土を若木信吾の写真が瑞々しく伝え、白洲正子の新たな物語を紡ぎ出します。


中谷美紀(なかたに みき)
1976年東京都生まれ。女優。映画、ドラマ、CMなど出演作多数。主な出演作は『嫌われ松子の一生』、『自虐の詩』など。美意識と意志に彩られた個性が多くの女性たちの共感を呼んでいる。公開待機作に映画『ゼロの焦点』(監督・犬童一心)、『スイートリトルライズ』(原作・江国香織/監督・矢崎仁司)がある。

若木信吾(わかぎ しんご)
1971年静岡県浜松市生まれ。ニューヨーク州ロチェスター工科大学写真課卒業後、The New York Times Magazine, Newsweek, Switch, Elle Japon, HF, coyoteをはじめ、雑誌・広告・音楽媒体など、幅広い分野で活躍中。また2004年6月から雑誌「youngtree-press」の編集発行を自ら手がけるほか、第一回監督映画『星影のワルツ』が、2008年ロッテルダム国際映画祭タイガー賞にノミネート、シカゴ国際映画祭新人賞にノミネートされた。近作にドキュメンタリー作品『トーテム song for home』がある。

内容詳細

中谷美紀as白洲正子。NHKドラマスペシャル「白洲次郎」より。白洲正子の西国巡礼の旅を再現。

【著者紹介】
中谷美紀 : 1976年東京都生まれ。女優。映画、ドラマ、CMなど出演作多数。主な出演作は『嫌われ松子の一生』『自虐の詩』

若木信吾 : 1971年静岡県浜松市生まれ。写真家、映画監督。ニューヨーク州ロチェスター工科大学写真科卒業。2004年より出版社youngtree pressを興し雑誌・書籍を発行するかたわら、映画『星影のワルツ』を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 寺 さん

    【読メ上品部】上品といえば白洲正子である。この写真集は数年前、NHKのドラマスペシャル『白洲次郎』で妻・正子役を演じた中谷美紀が、正子の姿で正子が巡礼した西国を旅する姿を写した写真集である(ちなみに次郎役は伊勢谷友介だった)。くわえ煙草の表紙からしてカッコイイ。数ページを除いて9割モノクロである。古寺や仏像の写真もあるが、田舎に佇む正子数の中谷美紀が素敵だ。ハイティーンの頃『ホットドックプレス』で中谷美紀のバニーガール姿を見て以来、中谷贔屓の私は、その鋭い眼差しが光る写真の数々を飽きずに眺めた。

  • なおこっか さん

    地元図書館での白洲正子特集の中に並んでいた一冊。ドラマ良かった。伊勢谷くんも良かったけど、中谷さんの美人なんだけど尖ってたり、少しバランス崩していたり、といった佇まいが、本当に白洲正子ってこんな人だったんじゃないかと思わせる。東京五輪に世間が浮き足立つ中を西国巡礼に出る白洲正子も、流石。モノクロ写真が、時代を越えてる。

  • koimatitubomi さん

    霊感の泉、究極の理想…素敵な女性だ。

  • 雨巫女 さん

    NHKのドラマを観て中谷さんの演ずる正子さんが、本物に見えていました。続きが楽しみです!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

中谷美紀に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品