江戸っ子が好んだ日々の和食

中江克己

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784476033588
ISBN 10 : 447603358X
フォーマット
出版社
発行年月
2016年06月
日本
追加情報
:
238p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さいちゃん さん

    図書本。この時代の人達の、食を大切にしてる心が伝わってきます。四季や行事の料理も、今の時代は簡単に済ませているような・・・。自分自身も子供の頃、実家では味噌も手作り。どくだみ茶なども、どくだみの葉を干して手作りしてました。お餅に使う、もち米も作っていました。懐かしく思い出しながら読めました。

  • こつ さん

    江戸を設定にされた本を読むことがあるので、ちょっとした好奇心と勉強のために読みましたが、大変興味深かったです。重複した内容もありましたが、江戸時代の人々が食事したり売り子さん掛け声なんかが頭に浮かぶほどの臨場感が良かったです。江戸っ子の新しい文化をどんどん受け入れるスピリットがなんかいいな、と思いました。

  • さくちゃん さん

    今であれば詳しく成分が解明されているから何が体に良いのかってことは分かるけれど、当時の江戸の人々は理屈じゃなく経験からそれが分かっていたというのが面白い!1つの食材にテーマを絞ったレシピ集(百珍シリーズ)が作られていたというのも驚きで。食への飽くなき探求心っていつの時代も変わらないものなんだな〜と感心してしまいました。

  • キンセンカ さん

    300年間の天下泰平の世のおかげ。

  • shuichiro aiba さん

    江戸は様々な文化が形成された時期ですが、その一つとして非常に面白い「食」をテーマとした本であります。解説される殆どの料理が現在も我々が食べているものであるのが驚きです。味覚の変化や農作物の品種改良などで味は変わっているでしょうが、この時代に和食の体系がほぼ出来上がっているようです。一方、マグロなど現代人が非常に好む食材を口にしない理由などが紹介されていて非常に面白いです。 http://byforcebooks.hatenablog.com/entry/2017/05/15/001516

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中江克己

函館市生まれ。編集者を経て現在は歴史作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品