東京貧困女子。 彼女たちはなぜ躓いたのか

中村淳彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492261132
ISBN 10 : 4492261133
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
追加情報
:
350p;19

内容詳細

女子大生、派遣社員、シングルマザー…、貧困に喘ぐ彼女たちの心の叫びを個人の物語として聞き集めた人気連載、待望の書籍化!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鉄之助 さん

    「貧困女子」は日本三大スラムの住人以下の生活を強いられている、というのが本書のテーマ。が、何も若い女子に限ったことでなく、中高年だってワーキング・プアは当てはまる。ただ「女子」のように風俗で稼げないから、「体を売る」精神的な躓きがないだけかな? 「まえがき」で述べられた、この本を書くにあたっての著者の立ち位置、支援者の目線で社会を糾弾するのでなく、「徹底した傍観者」として描くことには共感が持てたが、読んでいて、ズンズン気が重くなってしまった。

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。東京に住んでいる女学生・社会人女性の貧困を取材を基に取り上げてました。解決策がなく、ただただ貧困にあえいでいる様を綴っているので読んでいて胸が苦しくなる。

  • えちぜんや よーた さん

    読んでて苦しい本。個別の事例を読むと目を覆いたくなるような文章が連なっているので総括的なことを述べる。日本政府は福祉をすべて企業(大企業)に丸投げしていることがよく分かった。この国では「正(正社員)」・「長(長期雇用)」・「男(男性)」のどれか一つでももれたら福祉の対象外。ババ抜きのババを社会的につながりが弱い女性が引かされている。ただしババはいつ、誰に回ってくるか分からない。「貧困女子」の問題は早晩「キモくて金のないおっさん」に回ってくる。結局は経済の果実をいかに大きくさせるかしかないと思う。

  • ごみごみ さん

    貧困や負の連鎖がテーマの小説を何冊か読んだことがあるが、この本は小説や都市伝説ではなく、当事者へのインタビューを元にしたノンフィクション。奨学金という借金を背負い勉強するためにカラダを売る女子大生。非正規労働でギリギリの生活から抜け出すためパパ活や風俗に手を染める女性。生活保護に頼らざるを得ないシングルマザー。そしてその子どもたちにも貧困は連鎖していく。これらを自己責任という言葉で片付けてしまっていいのか?超高齢化社会を前に、貧困の数だけ子どもの未来は潰れていく。これが今の日本現実。哀しすぎる…

  • 柏バカ一代 さん

    腹立つ・・・ 何が一億総活躍社会だよ。 小学生の7人に1人の貧困家庭の児童、、 シングルマザーの家庭は2人に1人。 働いてもワーキングプワー。。 希望が無い、自殺出来た人が羨ましいと云う状態。 親の収入が減って、学費が高過ぎるのが問題。 弱肉強食で強者にしか目を向けない政治の問題の巣窟に思える。 男女の格差も悲惨。 コレで先進国かよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中村淳彦

ノンフィクションライター。代表作に「名前のない女たち」シリーズがあり、劇場映画化もされる。高齢者デイサービスセンターを運営していたが手を引き、現在はノンフィクション、ルポルタージュを執筆。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品