去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

中村文則

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344424678
ISBN 10 : 4344424670
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
195p;16

内容詳細

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は二人の女性を殺した罪で死刑判決を受けていた。だが、動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。この異様さは何なのか?それは本当に殺人だったのか?「僕」が真相に辿り着けないのは必然だった。なぜなら、この事件は実は―。話題騒然のベストセラー、遂に文庫化!

【著者紹介】
中村文則 : 1977年愛知県生まれ。福島大学卒。2002年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞、05年『土の中の子供』で芥川賞、10年『掏摸』で大江健三郎賞を受賞。作品は各国で翻訳され、14年に日本人で初めて米文学賞デイビッド・グディス賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
読書が進まない私でも、夢中になって読むこ...

投稿日:2018/05/23 (水)

読書が進まない私でも、夢中になって読むことができました! 最後まで結末が読めないどんでん返しの繰り返しで非常に面白かったです。 「究極の愛」の為なら…人がガラッと変わってしまう。そのドキドキの展開に惹き付けられました。 先日、映画化されたので観に行ってきました。映画化不可能と言われていた作品なのでどのようになるのかと完成が楽しみでしたが、非常にスッキリとする内容となっており、終わったあとに満足感でいっぱいになりました。 伏線もしっかりと回収されるいい作品だと思います。

ブルー★ さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミカママ さん

    数年前に英訳で読み始めたものの挫折。今回、工くん💕が映画出演ということで、日本の心の友が航空便にて贈ってくれました。ありがとう、友よ!真犯人については、なんとなくそぅなんだろうなぁと思いながらも、やはり最後にはストンと落とされ。時間があれば、あとがきを見ながら再読して答え合わせも楽しめるでしょう。わたしはやりませんが。映画はDVDで拝見します。工くん💕(しつこい)

  • どんふぁん さん

    2018年1月6日読了。こんなに意味不のミステリーもあまりないとは思うのですが・・・。ただ、ちょっとホラーっぽくさせて(それも中途半端に)エッチな要素をいれて(必要なのかわからない)やたら女性を蔑む(あまり賢い女性はでてきませんでしたが)小説にしか思えませんでした。トリックは考えられてたとは思いました。これを三代目JSBの岩田剛典くんがすると聞き原作読んでみたのですが、映画は見に行かんとこうと思いました。

  • ソルティ@色々あって低浮上🤖 さん

    気持ち悪い!登場人物ほぼ全員病んでる。人間には負の部分や病んでる部分はあるはずで共感できるところもあるけど、こうもみんなが全面に出してくると、引く。ストーリーが入り組んでて誰が語ってるのか分からず、誰が主人公かも不明。それがトリックなんだろうけどすっかり手中にハマり一気読みしてしまう。暗闇にいるみたいな不気味な話。「「(前略)⋯でもあの女性は、本当に特別だったんです。まさか自分がストーカーと呼ばれるようになるとは思わなかったほど。⋯まあ、潜在的に、そういう傾向が元々僕にあったのだと思いますが⋯。しかも」」

  • ゆのん さん

    最初は違和感なく死刑囚の話しか、ぐらいで読み始めたが半分位で『あれ?』となり、ラストでは『そう、きましたか、、』。中村文則は2作目だが、重く、暗いイメージは払拭できず、、、でも、この作品は嫌いじゃない。

  • neputa さん

    ちょうど映画化され話題にもなっているので、積読消化も兼ねて読んでみたが、残念ながら消化不良という結果に。著者の一人称「僕」による濃厚な文学作品に何度も魅せられてきたが、ミステリ要素が大きくなるにつれ「僕」の存在が埋没し、作品としての魅力も減退しているように感じるのは私だけだろうか。人が根源的に求める欲望を形にしてしまう人形師、そこに集ってしまう者たちなど、これまで著者が文学として昇華させてきた要素が、本作では伏線の穴を埋めるアリバイ程度にとどまっている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

中村文則に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド