意中の建築 上巻

中村好文

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784104350049
ISBN 10 : 4104350044
フォーマット
出版社
発行年月
2005年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,142p

内容詳細

建築を巡る旅は、きっと人生の糧となる。アスプルンドの図書館から、村野藤吾の庭石、韓国の鄙びた集落まで、「住宅巡礼」を終えた建築家が、長年心惹かれてきた作品を訪ね歩く。読者のための見学案内付き。

【著者紹介】
中村好文 : 建築家。1948年千葉県生まれ。1972年武蔵野美術大学建築学科卒業。宍道建築設計事務所勤務の後、都立品川職業訓練校木工科で学ぶ。1976年から1980年まで吉村順三設計事務所に勤務。1981年レミングハウスを設立。1987年「三谷さんの家」で第1回吉岡賞受賞。1993年「一連の住宅作品」で第18回吉田五十八賞特別賞を受賞。日本大学生産工学部居住空間デザインコース教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐっちー さん

    意中の、というのがよく嵌まってる一冊。建築家である著者が気になってる建築物を訪ね、写真とスケッチと文章でどこがどう気になるのか綴ってゆく。で、そのどれもがおいらも行ってみたいところばかり。中でもストックホルムの図書館やマティスが設計した教会はおいらのツボそのまんま。

  • るうるう さん

    気持ちが上がる↑

  • ひ※ろ さん

    ★★★☆☆

  • o2 さん

    本読みにはたまらないストックホルム市立図書館、京都の俵屋旅館、マティスのロザリオ礼拝堂など素敵な建築目白押し(*^◯^*)

  • haru さん

    中村さんの視線が読めてなるほど、そうなんだ、と。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品