晴れ着のゆくえ

中川なをみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579304530
ISBN 10 : 4579304535
フォーマット
出版社
発行年月
2017年02月
日本
追加情報
:
216p;19

内容詳細

祖父は孫娘のために、むらさき草を育て紫根染めの晴れ着を作った。やがて晴れ着は、少女のもとを離れ、幾人かの数奇な運命と共に歩むことになる。晴れ着を巡る物語。

【著者紹介】
中川なをみ : 山梨県生まれ。。日本児童文学者協会所属。『水底の棺』(くもん出版、日本児童文学者協会賞)、『有松の庄九郎』(新日本出版)、『茶畑のジャヤ』(鈴木出版)、以上の三作品は青少年読書感想文課題図書に選定。近年は海外を舞台にした作品と歴史読み物が多くなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • むぎじる さん

    孫娘の千恵のために、むらさき草を育て、それを使って染められた紫のしぼりの晴れ着。千恵の晴れ着をうらやましがった孫の春子のために作られた、茜で染めた襦袢。作った人と贈られた人と。格別な想いと共に、2着の着物はさまざまな人の手に渡り旅をする。丁寧に作られた物には作り手の心模様がしみ込み、手にした人が大事にしたいという想いと重なって深みを増していくのを感じた。

  • Kei さん

    平易な文章で、淡々と、大きな長い時間を、渡る晴れ着。物でありながらも命あり。静かに心地好い物語です。

  • sai さん

    祖父は孫娘のために、むらさき草を育て、紫根染めの晴れ着を作った。やがて晴れ着は、少女のもとを離れ、幾人かの数奇な運命と共に歩むことになる…。晴れ着を巡る物語。

  • ミクト さん

    紫の着物は祖父が、茜の長襦袢は祖母が、孫娘の幸せのためだけを願って作ったのだ。外国人のコレクションでも戦いに行く人の慰めでも、多くの人に見てもらうためでもない。着物は単なる布ではない。ましてや切り刻むなど‥。少女が大事に慈しみ、やがては子や孫に引き継がれるべきものだったのに。簡単に他人にあげてしまう春子の両親や、受け取ってしまうアネットに、特にその後の成り行きも含め、アネットには嫌悪感を感じた。途中から胸が痛んで仕方なかった。

  • ふくふく さん

    何よりも表紙が素敵。紫の絞り染めの晴れ着を着て、中に茜の襦袢を重ね合わせたような本。お話しは晴れ着を巡る物語。それ程長くもないので、直ぐに読めちゃうけど、何だか余韻を引っ張る感じ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中川なをみ

山梨県生まれ。『水底の棺』(くもん出版)で日本児童文学者協会賞を受賞。『有松の庄九郎』(新日本出版)『茶畑のジャヤ』(鈴木出版)など多数

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品