決定版!一流の人、二流の人 ホンモノほどシンプルに仕事する!

中島孝志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838724802
ISBN 10 : 4838724802
フォーマット
出版社
発行年月
2012年09月
日本
追加情報
:
206p;19

内容詳細

二流は簡単なことを複雑に考えるが、一流はむずかしいことをシンプルに考える!迷える職場・人間関係をスッキリ生き抜く、59のシンプルな知恵。

目次 : 1 プロフェッショナル―一流の仕事をする人、二流の仕事をする人/ 2 職場で活かす知恵!―一流の仕事とはなにか?二流の仕事とはなにか?/ 3 人を惹きつける!ここがちがう!―魅力溢れる一流人、魅力のない二流人/ 4 リーダー次第でこんなに結果が変わる!―一流のチーム力、二流のチーム力/ 5 利益より大切なものを優先する!―一流の経営、二流の経営/ 6 自分をとことん磨き上げる!―一流の人間力、二流の人間力

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まりあ さん

    心に刻んだ→ 「能力のある人材が能力の劣るあなたを支えて盛り上げてくれる。なぜ彼らはそうするのかといえば、あなたの能力に惹かれたわけでも、あなたの財産に魅力を感じたわけでもありません。あなたが好きだから一緒に仕事をしたいのです。」  「二流はお客からどう奪うかを考えるが 一流はお客にどう与えるかを考える」

  • 寺内町亭小天狗 さん

    世間では一流と呼ばれている人と、それ以外の人との差は、どこから生じるのか。この本を読んで、共通する点は、「一流は、何もないところに何かモノを作り出し、それを広めようとする。二流は、一流が作り出したモノを使って、さらに応用をしている。三流は、ただ一流や二流のモノを使って、消費しているだけだある。」企業も、同じである。自分はどちらであるか。自問自答をしてみましょう。

  • 本の虫になろう さん

    ・この世の中でいちばん偉くて強い人は、自分を励まし続けられる人。 ・周りの意見や苦言、悪口をありがたく思い、自分は他人を変えようとはせず自らを変えることを楽しむ。 ・<いま、どんな問題に取り組んでいるの?> ・「仕事は盗んで覚えろ」は上司の仕事の放棄。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中島孝志

東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、大学・ビジネススクール講師。原理原則研究会(全国7カ所)、投資研究会(東京のみ)等を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品