中島みゆき第二詩集 四十行のひとりごと

中島みゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784807306367
ISBN 10 : 4807306367
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
120p;18

内容詳細

千字に祈りを込めて――
初の詩詞集『ウィンター・ガーデン』から20年。
いま、いのちに寄り添う18篇の詩情(ポエジー)。

【目次】

おこわさんでも
すっぴん
東京駅へ向かっていたのに
月も陽も
ぜったいグランプリ
ビギナーズ ラック 来い来い
こんなところに産まれてしまった
まことに申し訳ございます
崖っぷちにカメ
台形
十段階
我々の宿題
一寸先は
祭の中
旅人
産土
ふうせん


《著者情報》
中島みゆき(ナカジマミユキ)
1952年札幌市生まれ。藤女子大学文学部国文学科卒。75年「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。同年、世界歌謡祭「時代」でグランプリを受賞。76年ファーストアルバム「私の声が聞こえますか」をリリース。アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、楽曲提供、小説・詩・エッセイなどの執筆と幅広く活動。

【著者紹介】
中島みゆき : 1952年札幌市生まれ。藤女子大学文学部国文学科卒。75年「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。同年、世界歌謡祭「時代」でグランプリを受賞。76年ファーストアルバム「私の声が聞こえますか」をリリース。アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、楽曲提供、小説・詩・エッセイなどの執筆と幅広く活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とよぽん さん

    『四十行のひとりごと』のタイトルがぴったりだと思う、そんな詩的なエッセイのような・・・エッセイ的な詩集だ。中島みゆきさんの筋とか情とかが伝わる詩もあって、それは良かった。う〜ん、でも本作には一部分宗教のにおいがしているのが気になった。

  • shun( 早瀬俊) さん

    若き頃、傷つくことが上手な中島みゆきの歌は、暗いと言われながらも人々を勇気づけた。絶望の底から立ち上がった精神程強いものはない。人々の生活の外側に立ち、静かにメッセージを送りながらも、自分の過去を振り返るシーンにはある種の悲しみがまだ残っているような気がした。最近自殺する若者が増えている。それは正しく絶望する方法を知らないからだ。そして自分さえも世界という括弧に括って、微笑みかける方法を知らないからだ。それ以上絶望のどん底に落ちることを恐れるから死を選んでしまう。どん底に落ちる勇気こそ私達を救ってくれる。

  • coldsurgeon さん

    歌詞と異なる中島みゆきの詩の世界が広がる。「礼」「おこわさんでも」には、心惹かれる一文が広がる。詩というのは、確かに作者の独り言だが、それが世の中に出ると、多くの人の心の中から生まれ出たような、言葉となる。40行千字に込められた祈りが、多くの人に届くだろう。

  • らいしょらいしょ さん

    当代随一(と私は思ってる)言葉つかいの第二詩集。一作目は「ウィンターガーデン」ね。あれも舞台で観た印象に加えて、文字で見ても「つよい」と思った。さて今回も、みーさまならではの視点を感じられて嬉しい限り。世界歌謡祭グランプリ……その背景にそっと目頭を押さえる。一番痛いのを10としたら。それ聞かれて探り探り答えた覚えあり。そんなことまでうれしい。

  • happymade さん

    ビギナーズラック来い来い。 いいじゃない、それで、がとても印象的だ。 足るを知る。 今あるもの中に大切なものを見つける。それが幸せなのだ。今あるものも永遠ではない。失くしていくものを悲しんでいては幸せは見つからない。 人に頼んで探してもらうものではないよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中島みゆき

1975年にデビューした中島みゆき。メディアにあまり登場しないにもかかわらず、女性シンガソングライターとして確固たる地位を築きいまなお熱烈な支持を受ける。

プロフィール詳細へ

中島みゆきに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品