租税徴収実務と民法

中山裕嗣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784754710217
ISBN 10 : 4754710215
フォーマット
出版社
発行年月
2003年07月
日本
追加情報
:
503p;22

内容詳細

本書は、租税徴収の実務に携わる方々が国税徴収法と民法とのかかわりを理解することにより、滞納処分の執行がより適正になされることを願って記述している。また、滞納処分の対象となった財産に係る担保権者が第三取得者などの方々にとっても、滞納処分の執行により自分たちの権利がどのような影響を受けるのか、また、どのようにして自分たちの権利を保護すべきかについて分かり易く解説するよう心がけて記述している。

目次 : 第1章 担保物権(担保物権と租税徴収との関係の概要/ 留置権と租税徴収 ほか)/ 第2章 動産(動産に対する滞納処分/ 動産の物権変動の対抗要件と租税徴収 ほか)/ 第3章 不動産(不動産に対する滞納処分/ 不動産の物権変動の対抗要件と租税徴収 ほか)/ 第4章 債権(債権に対する滞納処分/ 期限の利益・同時履行の抗弁権・相殺と租税徴収 ほか)

【著者紹介】
中山裕嗣 : 藤沢税務署副署長、前税務大学校教授、元国税庁徴収課課長補佐(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中山裕嗣

昭和52年法政大学法学部卒業。平成10年国税庁徴収部徴収課課長補佐。平成12年税務大学校教授。平成20年〜東京国税局徴収部課長(特別整理総括第二課長、同一課長、徴収課長)。平成24年東京国税局徴収部次長。平成26年横浜中税務署長を最後に退官。同年税理士登録(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品