マイルス・デイヴィス 青の時代 集英社新書

中山康樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205237
ISBN 10 : 4087205231
フォーマット
発行年月
2009年12月
日本
追加情報
:
18cm,219p

内容詳細

マイルスのモダン・ジャズ時代とはどのようなものだったのか。誰と、どのような音楽を創造し、歴史を変えたのか。「帝王」と共演者たちの関係を丹念に追う道筋に、「ジャズを聴く」新たな楽しみが見えてくる。

【著者紹介】
中山康樹 : 1952年大阪府生まれ。「スイングジャーナル」編集長などを経て音楽評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 巨峰 さん

    入門書じゃない。けど、知っている知識も多い。少しだけ新発見や新たな視点があったりする。マイルスのCDを持っている人が読んでみて、聞き直すのにはいいかも。まあ、この著者が書いていることが全てではないし。

  • ひなっとぉ さん

    70点…ちょっと放置しすぎてしまって最初の方が微妙。世界的ジャズトランペッターのマイルスの黎明期からいわゆる名盤『カインド・オブ・ブルー』レコーディングまでのドキュメンタリー。ディープな考察と関係者の証言で名盤の裏側を探っていきます。マイルスに一時解雇されたビル・エヴァンスがコルトレーンに宛てた手紙が印象的でした。また読まなきゃ…。

  • Snufkin335 さん

    ジャズの歴史シリーズとして読了。実はマイルスはそれほど思い入れがないが、かなり詳細に記録を検証してあって興味深い内容が多かった。

  • tegege さん

    録音曲順の根拠も書いて欲しかった。マトリクスナンバーかな?

  • ビーフハート さん

    この時代の大体の流れは知っていたが、細かく検証されていて興味深く面白かった。またこの時期のマイルスのアルバムを聴き返したくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中山康樹

1952年、大阪府堺市生まれ。ジャズ専門誌「スイングジャーナル」編集長などを経て、独立後は音楽評論家として活躍。「スイングジャーナル」時代には、現地取材で多くのジャズ・レジェンドと親交を深め、とくにマイルス・デイヴィスについては、そのレコーディングに立ち会うなど、「マイルスにもっとも近い日本人」と呼

プロフィール詳細へ

中山康樹に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド