ジャズメンとの約束 集英社文庫

中山康樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087462814
ISBN 10 : 4087462811
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
追加情報
:
16cm,233p

内容詳細

マイルス・デイヴィス、キース・ジャレット、ジョー・ザヴィヌル、ビル・エヴァンス、スタン・ゲッツ、アート・ペッパーなど、ジャズ界伝説のプレイヤーたちの知られざるエピソードを集めた一冊。文庫化に際し、おすすめの名盤30枚を紹介する「マイ・フェイヴァリット・ジャズ30」を書き下ろし収録。ジャズの魅力をあますことなく伝える「読むジャズ」。

目次 : フレッドの日課/ 誰がためにリハーサルはある/ 酔いどれズート/ ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード/ ベン・シドランの問題/ ゲッツの約束/ 人生最大の失敗/ マイルス/ 抗議の投書/ ケッセルの誤算〔ほか〕

【著者紹介】
中山康樹 : 1952年、大阪府生まれ。音楽評論家。「スイングジャーナル」誌編集長を経て文筆活動に入る。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tjZero さん

    マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、スタン・ゲッツ、キース・ジャレット、ビル・エヴァンス、アート・ペッパー…などなど、ジャズ・ジャイアントたちの”ちょっといい話”が40編。この著者ならではのライヴ感ある筆致がレジェンドたちを身近に感じさせる。文庫化に際して、著者選の30枚のベスト・ジャズ・アルバム評も収録され、価値がさらに増した。

  • マサ さん

    スイングジャーナルの中山康樹氏。ビッグネームが次々に登場して、現場の熱い生の雰囲気が感じられる。成功の陰にそれぞれの抱える悲哀が色濃く漂う文章で、何だかブルーで思わせぶりたっぷりでかっこいいのだな。

  • にく にく さん

    2時間で読了。中山康樹節全開の超短編集。作者とジャズメンたちとの思い出を無駄のない構成と、感傷的な文章で描いた作品。

  • くら さん

    元スウィングジャーナル誌編集長、ジャズ界の表も裏も知り尽くした筆者のとっておき話を集めた一冊。一章3〜5ページに凝縮された中に、レジェンド扱いされているジャズジャイアントの人間臭さや、黒人ならでは、あるいは白人ならではの苦悩、さらにはロックやポップスの大立者とジャズシーンとのかかわりを通して、経済的にも名声の面でも不遇で、しかし意地と心意気を持って生きるミュージシャンの姿が活写されている。ショーティロジャーズとモンキーズなんて、ほかではなかなか読めない切り口ですよ。

  • KS さん

    内容は面白い。しかし、いかにもあざとい印象は拭えない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中山康樹

1952年、大阪府堺市生まれ。ジャズ専門誌「スイングジャーナル」編集長などを経て、独立後は音楽評論家として活躍。「スイングジャーナル」時代には、現地取材で多くのジャズ・レジェンドと親交を深め、とくにマイルス・デイヴィスについては、そのレコーディングに立ち会うなど、「マイルスにもっとも近い日本人」と呼

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド