中坊公平・私の事件簿 集英社新書

中坊公平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087200638
ISBN 10 : 4087200639
フォーマット
出版社
発行年月
2000年11月
日本
追加情報
:
18cm,206p

内容詳細

「平成の鬼平」と呼ばれる弁護士・中坊公平はいかにして形成されたか。日本社会を揺るがした森永ヒ素ミルク事件や住専問題まで、彼の心に残る事件をピックアップ。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ホークス さん

    2000年刊。とても熱くて心を揺さぶられた。現場主義の弁護士だった著者は、1973年、43歳で担当した森永ヒ素ミルク事件から、ひたむきに戦う人になって行く。この裁判の著者の長い冒頭陳述に呆然とした。余りの悲惨さ残酷さに涙が出た。被害者一万二千人以上、死者130人は実際の半分だという。母親は、事実を認めない企業と国の仕打ちに加え、自らの手で我が子に毒を与えた苦しみに苛まれた。この後に手がけた、豊田商事事件、豊島の不法投棄、住専の不良債権処理などの実態も今さらながら理解できた。人間には意志の力が確かにある

  • 佐島楓@勉強中 さん

    この本で「森永ヒ素ミルク中毒事件」と「住専処理事件」について理解することができた。国が責任を負いたがらないのは今も昔も変わらない。

  • よー さん

    森永ヒ素ミルク中毒事件は泣けました。こんな熱い、現場主義の弁護士さんがたくさん増えてくれるといいなあ。

  • 中島直人 さん

    真剣に仕事した人だけが書ける軌跡だと思う。感動した。凄い。

  • ちくわん さん

    2000年11月の本。弁護士中坊氏が語る14のストーリー。森永ヒ素ミルク中毒事件は涙が出る。住専や豊田商事などの大きな事件も、そうでない事件も人間ありき。時代や職業に関わらず人間味の塊。司法の人らしい、独特の描写だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中坊公平

1929年8月2日生。京都府出身。京都大学法学部卒業。57年弁護士登録。70年大阪弁護士会副会長。73年森永砒素ミルク中毒被害者弁護団団長として活躍。84年大阪弁護士会会長(日本弁護士連合会副会長)。85年豊田商事の破産管財人に就任。87年日弁連消費者問題対策委員会委員長に。90年4月日本弁護士連合

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品