初恋

中原みすず

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898150641
ISBN 10 : 4898150640
フォーマット
出版社
発行年月
2002年02月
日本
追加情報
:
20cm,171p
20cm,171p

商品説明

1968年12月10日、東京・府中、雷雨の朝、白いオートバイ、18歳の少女。 あの三億円事件>の秘密の扉が、いま静かに開かれる。

昭和の事件史の中で最大のミステリー、府中三億円事件。 本書は30余年の沈黙を破り、 当時18歳だった少女が綴る「三億円事件」の記憶と、切ない恋の物語です。1968年という発熱した時代、 新宿のジャズ喫茶に夜ごと集まる若者たちは、切実に夢見がちに、何を語りあっていたのでしょうか。 なぜ、どうやって、少女は白バイに乗り、犯行に及んだのでしょうか。そして、それから…。 本書は、事件の謎を解く衝撃的な犯罪ドラマであるとともに、はかなげにきらめく青春ドラマの傑作です!!

内容詳細

雷雨の朝、白いオートバイ、18歳の少女―「三億円事件」の秘密の扉がいま静かに開かれる。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
3億円事件の実行犯は女子高生だったと言う...

投稿日:2006/04/11 (火)

3億円事件の実行犯は女子高生だったと言う設定もですが、この雰囲気が好きです。20歳そこそこの若者がコルトレーンを引き合いにマイルスを語っちゃう所なんて格好いいなぁと思いますね。そんな若者達の時代への抵抗の象徴があの事件だと思うと浪漫みたいなものを感じます。

じぇい さん | 岡山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • らむり さん

    1968年、東京府中で白バイ女子高生が3億円を強奪。実際にあった事件をモチーフにした、恋愛モノです。映画化されてたんですね。

  • 橘 さん

    面白かったです。さらさらと流れるような、でも静かに熱い文章が素敵でした。宮崎あおいさんが主人公を演じた映画は昔々に見たのですが、空気感が好きだったなと思い出しました。三億円事件の背景に一人の少女の初恋があったというお話はとても切なかったです。三億円事件の描写はスピード感があってドキドキしました。Bに集まる仲間たちのその後は触れられていますが、主人公はどんな人生を歩んできたのだろうと思います。この時代は知らないのですが、彼らの衝動が伝わってきました。装画が浅野忠信さんって、あの浅野忠信さんですか…?

  • まひと さん

    ありきたりな恋愛小説ではないとの印象を受けました。実際にあった府中三億円強奪事件を軸に進んでいく主人公の日々。この時代を生きた、子供と大人の間でゆれる青春という時期を過ごした、少年少女の迷いと葛藤をうまく表現しつつ、本当にあの事件の犯人であるかのような詳細な説明には感心しました。こういう初恋もありですね。「秘密とは、それがやましいものであれ、ときにはやましいからこそ、また分け合う人数が少なければ少ないほど甘美なものだ」

  • キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん さん

    女子高生と大学生の恋のような物語。親戚の家を転々としている女子高生が惹かれたのは、やはり心に空隙を抱えた大学生。三億円事件と絡めて書いている。作者は本当の三億円事件実行犯との噂があるが、私にはわからない。心に虚無を抱えた少年少女の気持ちなら少しはわかる。充たされない気持ちを大事にしながら生きていかなくてはいけない事も少しはわかるし、その気持ちを急いで埋めようとして刺激や人間関係などに溺れていくのも少しわかる。「ノルウェー森」や「されど我らが日々」「ビーチ」などを思い出しながら読んだ。

  • 夏 さん

    あまり良いとはいえない叔父叔母の下で育てられ、高校生になりジャズ喫茶Bに入り浸るようになった作者と同名の主人公。そこで出会った好きな男に頼まれて三億円事件の片棒を担ぐことになる。三億円事件を取り扱っているものの、それはこの小説の主題ではない。物語は常に主人公の寂しさ、切なさ、孤独が流れているようで、どんなシーンであっても心にすきま風が吹いているような感じがした。三億円事件のシーンが終わってから物語に流れる切なさは倍増し、ラストになるにつれて増していく。三億円事件をモチーフにする必要はあったのだろうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品