ブッダたちの仏教 ちくま新書

並川孝儀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480071057
ISBN 10 : 4480071059
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
205p;18

内容詳細

インドで誕生した仏教は、二千年以上の年月をかけ、アジアの広範な地域に伝播し、各地の文化に大きな影響を与えつつ、自らも多様に変化した複雑な宗教である。神によるのではなく、歴史上の一人の人間ゴータマ・ブッダが発見した真理に端を発した仏教は、さまざまなブッダを輩出し、それぞれの仏教が独自性をもちながら多彩な変容を生み出し展開してきた。仏教の歴史をブッダたち「仏」と、それに基づく「教え」という二つの極をもつ運動としてとらえるダイナミックな論考。

目次 : 第1章 「ブッダ」とは(ブッダ観/ 仏身論 ほか)/ 第2章 ゴータマ・ブッダと原始仏教(原始仏教のブッダ/ 初期経典とは ほか)/ 第3章 展開する仏教(仏教はどのように伝播したか/ 仏教は何を信仰するか ほか)/ 第4章 悟りと教え(二つの要素/ 悟り ほか)/ 終章 日本仏教の今(日本仏教の置かれた立場/ 日本仏教の問題点)

【著者紹介】
並川孝儀 : 1947年京都府生まれ。佛教大学大学院文学研究科博士課程満期退学。インドのジャワハルラル・ネルー大学客員研究員、同客員教授を経て佛教大学仏教学部教授。博士(文学)。専門はインド仏教、とくに原始仏教、部派仏教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品