みだれ髪 チョコレート語訳 河出文庫

与謝野晶子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309406558
ISBN 10 : 4309406556
フォーマット
出版社
発行年月
2002年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
俵万智 ,  
追加情報
:
15cm,189p

内容詳細

「燃える肌を抱くこともなく人生を語り続けて寂しくないの」―スキャンダラスにして情熱的な与謝野晶子の名作を、俵万智が訳してみると!?一〇〇年の恋の陶酔が甦る女性たちへ贈るラブソング。

目次 : 臙脂紫/ 蓮の花船/ 白百合/ はたち妻/ 舞姫/ 春思

【著者紹介】
俵万智 : 1962年、大阪生まれ。85年、早稲田大学第一文学部卒業。86年、作品「八月の朝」五十首で第三十二回角川短歌賞を受賞。87年、歌集『サラダ記念日』(河出書房新社)刊行。同書で第三十二回現代歌人協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 麻衣 さん

    いつもはもうすこし赤いのですわたしのくちべに。ひさしぶりに誰かのためにそのいろをうすくした。こっちの方がすきかなとおもって。なるべく心に触れるように、身につけるものを軽くする。フロントガラス越しの夜の雨は渋滞のひかりを尾にひいてとてもきれい。「桜が舞ってるみたい」なんてあまえたこと、さすがにいえなかったけど、どうかわたしが迷ったいろもおなじように淡くみえているといい今も昔も。蝶は改札をぬけきみの胸へと、下着をかいかえれば新しい春がくる。ねえすきなひと、おねがい恋の歌をよんで。

  • 積読亭くま吉(●´(エ)`●) さん

    BOOK・OFFでふと手にとって、開いたページに『夏やせの我は嫉妬の二十歳妻 君の心にいる人を知る』キュンと来て、思わず購入。が…今さらだったかしら?みだれ髪(笑)私はもう恋をしないのだなァ。としみじみ感じてしまった。読めば読むほどに「鉄幹」が好きになれないなァ。年若い娘二人並べて競わす妻帯者。ある程度歳いったらさ、色香じゃない人間の厚みで勝負したいジャないか。ソレには少しばかり恋はフワフワしすぎじゃなくて?…そう言えば、年上男に恋した事無いから、こんな感じにしか受け取れないのかしら(笑)

  • 藤井寛子 さん

    みだれ髪、教科書で習った記憶はある。昔の人の文って意味が分からないから読むのは諦めていたんだけど、恋心っていつの時代も変わらないんだなと思う。瑞々しく恋揺らしてみたいと思いました。

  • nonたん さん

    やはり「やは肌の〜〜」は訳さない方が味がある。他の歌はほとんど知らないから、晶子の本歌を読んでもちんぷんかんぷんだ。万智さん訳してくれてありがとうというキモチ。人名が登場する歌なんて、関係性をまるきり知らなかったから、なんじゃコリャ?でしたが、ウィキしてみればナルホドそんな関係であったか…。鉄幹氏はモテモテなんだねぇ。たのしからずや!

  • hal_439ki さん

    与謝野晶子が折り込んだものを皺を伸ばすように、またその逆も然り、という風に俵万智の翻訳は円を描いていて面白い。一見その円環は閉じられているようで読んでみると広がりを見せていることがわかる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

与謝野晶子

1878年大阪府堺市生まれ。大恋愛の末、与謝野鉄幹と結婚。処女歌集『みだれ髪』で一躍、情熱的な歌人として著名に。その後、小説、随筆、評論、童話、戯曲など多岐にわたり活躍。1942年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品