ブチ抜く力

与沢翼

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594079437
ISBN 10 : 4594079431
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
332p;19

内容詳細

【あの“秒速の男”が地獄の底からカムバック。与沢翼、集大成の1冊が完成!】

月収1億円超、
4年で個人純資産は70億円、
2か月で22kgの減量・・・
なぜ与沢翼は
「最短・最速」で
ブチ抜いた結果
を残せるのか?
与沢流「成功法則」のすべてを明かす!

【目次】
第1章◆基本の法則
「すべての根底にある大原則」

第2章◆ビジネスの法則
「人と群れるな。誰とも組まず、単独で突っ走れ!」

第3章◆投資の成功法則
「勝負は、チャンスが来る前から始まっている」

第4章◆健康の法則
「一日一日を全力で。その積み重ねが大きな結果に繋がる」

第5章◆情報収集の法則
「情報収集も3週間。「一人突っ込み」を繰り返し、センターピンを掴まえろ!」

第6章◆未来予測の法則
「これからの世界で起きる事を予測し、逆算して今から動こう!」



著者について
与沢 翼(よざわ・つばさ)
1982 年11 月11 日生まれ、埼玉県出身。実業家・投資家。
高校中退後、偏差値30 から猛勉強を開始し、大学入学資格検定(大検)を取得して8か月で早稲田大学社会科学部に入学。
22 歳、大学在学中にアパレル通販会社を起業。わずか3 年半で月商1 億5000 万円の会社に成長させ、自身のブランドを渋谷109 等の計7店に出店させるが、6 年目に倒産。
2011 年、たった1 人、手持ち10 万円の資金からネットビジネス界に参入し、わずか半年で7 億円を稼ぎ出す。
2013 年に山手線の電車広告をジャックし、「秒速1億円の男」として一躍注目を浴びる。
2014 年に日本法人を解散。
同年、シンガポールの就労ビザを取得し、移住。
2016 年にドバイへ移住し結婚、一子をもうける。
現在は投資家として、株式、FX、不動産、仮想通貨、保険、債券、信託、外貨等に分散投資。世界各地に計40 戸の高級不動産を所有し、純資産70 億円を無借金で形成。
ドバイやタイ、シンガポール、フィリピン、マレーシアなどを行き来しながら暮らしている。

【著者紹介】
与沢翼 : 1982年11月11日生まれ、埼玉県出身。実業家・投資家。高校中退後、偏差値30から猛勉強を開始し、大学入学資格検定(大検)を取得して8か月で早稲田大学社会科学部に入学。22歳、大学在学中にアパレル通販会社を起業。わずか3年半で月商1億5000万円の会社に成長させ、自身のブランドを渋谷109等の計7店に出店させるが、6年目に倒産。2011年、たった1人、手持ち10万円の資金からネットビジネス界に参入し、わずか半年で7億円を稼ぎ出す。2014年に日本法人を解散。同年、シンガポールの就労ビザを取得し、移住。2016年にドバイへ移住し結婚、一子をもうける。現在は投資家として、株式、FX、不動産、仮想通貨、保険、債権、信託、外貨等に分散投資。ドバイやタイ、シンガポール、フィリピン、マレーシアなどを行き来しながら暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 桜井葵 さん

    この作品を読んだことで与沢さんのイメージが大分変わりました。 書かれている文章やあとがきを読んでいると与沢さんはわりと真面目な人ということも知れました。 【ブチ抜く力】のためのストイックさを考えるためには学べる部分も沢山ありました。 短期間で大きな成果を出すためにコミットする方法などを知りたい方にはオススメできる作品です。 http://saku3ma.xsrv.jp/give/power-to-pull-out

  • デビっちん さん

    1つのことに魂を売って一極集中するために、その他すべてのことを切り捨てる力の凄さを感じました。努力に目が行きがちですが、前提としての何に魂を売るかは何度も自問自答し熟考すべきと思いました。魂を売る対象が見つかれば、あとは鬼行動だけなんですから。

  • 白猫リラコ さん

    突き抜ける為に、ストイックに。そして群れないで、同調圧力と他人の無責任なアドバイスには流されず。言い訳をせずに、最短最速で完成させられるように常に意識をし、よく調べ、深く考える。悩みもし疑いもし、試し工夫して改善する。ひとりツッコミを検証のために行い、プランは拡張性も考慮して動き、もし方向性が誤っていたら軌道修正も即座に行う。その為には一人で動くのが大前提だ。ってちょっと自分で、ちょっと宮沢賢治だ。何より負荷を厭わず固い意志が何事かをなすために必要なのだ。#Netgalley

  • kubottar さん

    ダイエットの話が意外と面白かった。なぜ痩せなければならなくなったのかの理由がいいですね。

  • hk さん

    「人の情熱や集中力はさして長続きしない。だから短期間で1つのことに没頭することが成功の秘訣となる」 これが本書の論旨だ。「センターピン(物事の核心、本質)を仮定した上で行動に移し、上手くいかなければセンターピンの修正を随時行えばよい」という拙速のすすめも腑に落ちる。これはザッカーバーグの「行動は完璧に優る」という台詞を彷彿させる。また「マルチタスクをやめて1つの事柄だけに打ち込めば、問題が発生した時、どこに修正箇所があるのか一目瞭然だ」という指摘も鋭利。”思慮の人として行動し行動の人として思慮せよ”だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

与沢翼

1982年11月11日生まれ、埼玉県出身。実業家・投資家。高校中退後、偏差値30から猛勉強を開始し、大学入学資格検定(大検)を取得して8か月で早稲田大学社会科学部に入学。22歳、大学在学中にアパレル通販会社を起業。わずか3年半で月商1億5000万円の会社に成長させ、自身のブランドを渋谷109等の計7

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品