極上の孤独 幻冬舎新書

下重暁子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344984936
ISBN 10 : 4344984935
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
追加情報
:
181p;18

内容詳細

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。

目次 : 第1章 なぜ私は孤独を好むのか(なぜ誰もが「孤独」を嫌うのか/ サイのように孤高に生きたい ほか)/ 第2章 極上の孤独を味わう(子供時代はいつも一人/ 他人に合わせるくらいなら孤独を選ぶ ほか)/ 第3章 中年からの孤独をどう過ごすか(一人の時間を大切にすると夢がかなう/ 孤独上手は中年から本領を発揮する ほか)/ 第4章 孤独と品性は切り離せない(年をとると品性が顔に出る/ 孤独を知る人は美しい ほか)/ 第5章 孤独の中で自分を知る(絶望したからこそ得られること/ 親の死後の孤独は格別 ほか)

【著者紹介】
下重暁子 : 早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。女性トップアナウンサーとして活躍後、フリーとなる。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。ジャンルはエッセイ、評論、ノンフィクション、小説と多岐にわたる。公益財団法人JKA(旧・日本自転車振興会)会長等を歴任。日本ペンクラブ副会長、日本旅行作家協会会長。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • テディ さん

    一時の感情である寂しさではなく自分を厳しく見つめ一人で生きていく覚悟こそが孤独であり突き抜けた美しさも強調される。下重さんは、自分の小学生時代に2年間療養生活を余儀なくされた事で孤独力を体得した事や無理して他人に気遣いする事が苦手である点を強調されていたが多かれ少なかれ万人に共通していると感じた。掾iろう)たけるという優美な気品は、孤独な中で内面を磨く事で出来上がり、品と恥を意識して他人にわずらわされない価値観を作る孤独こそが凛とした、毅然とした生き方なのであろう。群れる事を好まない自分には共感できた。

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。う〜ん。自己肯定的なのがどうも鼻につく。偉い人は孤独という言い回しとかなんか誕生日一緒だったからこの日は凄いぐらいの感覚。孤独でなくても成長できます。

  • pukupuku さん

    おや?いつもの図書館で予約ベスト8位になってたから、読まれてる本なのねって思ってたら、なんと!お隣の市の図書館では貸出可能になってる!いかにも売れそうなタイトルだし、それじゃ早速と、いじましくわさわさ借りてきた。読んでいくうちに、御年81歳と判明したものの、行間からあまり年齢を感じさせない。軽井沢の別荘で過ごす時間はそりゃ極上でしょうし、一人暮らししたことなく、旦那様もいらして、お付き合いのある有名人もたくさんいらっしゃるのに、極上の孤独といわれてもねぇ。んー、きっと別次元の話なのね。

  • キック さん

    「来るもの拒まず、去るものは追わず」。高齢になったら、他者と繋がるべきという風潮の中、マイペースでいいじゃないかと主張する自伝エッセイです。無理せずに自然体で生きていこうという内容で、自分の半生を語りつつ、群れない生き方が語られていました。「他人に合わせるくらいなら孤独を選ぶ」。無理して他者と繋がろうとすること自体がストレスになるということには、全く同感です。個人的には、夜の孤独感や身体が不自由になった時の不安は残りますが、いざ一人になったときに他人に依存しない生き方や覚悟をつけていきたいと思いました。

  • カブ さん

    今、話題の本ということで…。もともと独りでいる時間が好き。人と居るのも楽しいけれど、独りの時間が持てないとバランスがとれないような私なので、共感するところがたくさんあった。「犀の角のようにただ独り歩め」という仏陀のことばが心に残る。サファリで深夜2頭のサイが、自分の縄張りをかけて角をふりたてて戦うところで何故か涙が溢れた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

下重暁子

1936年生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。アナウンサーとして活躍後フリーとなり、民放キャスターを経て文筆活動に入る。丹念な取材をもとにしたノンフィクションから家族や生き方をテーマにしたエッセイ、評論、小説まで幅広い作品群がある。公益財団法人JKA(旧・日本自転車振興会)会

プロフィール詳細へ

下重暁子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品