10倍速く書ける超スピード文章術

上阪徹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478102442
ISBN 10 : 4478102449
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
上阪徹 ,  
追加情報
:
256p;19

内容詳細

「メール」→「企画書」→「ブログ」→「レポート」→「本1冊」まで悩まず一気に書き終わる。「1日300字」の遅筆家を「5日で本1冊」の爆速ライターに変えた全技術。

目次 : 序章 なぜ文章を書くのに時間がかかってしまうのか?/ 第1章 10倍速く書ける「素材文章術」/ 第2章 正しい素材を集める2つのルール/ 第3章 素材をひたすら集める/ 第4章 素材を読みやすい順番に組み立てる/ 第5章 一気に書き上げる/ 第6章 読みやすく整える/ 実践編 ケース別・速筆術

【著者紹介】
上阪徹 : ブックライター。上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。1966年兵庫県生まれ。85年兵庫県立豊岡高校卒。89年早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、雑誌や書籍、webメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Takeya さん

    ★どう書くかより何を書くかに集中 ★ビジネス文章は独自の事実,エピソード,数字が9割 ★1人の読者を決める ★何を感じて欲しいかを設定 ★形容詞を数字に置き換えると伝わり易くなる ★目の前の人に喋る様に書くと判り易くなる ★その先が知りたいと思う書き出しを ★多く書いて後で削る,が一番速い【目次】●なぜ文章を書くのに時間が掛かる? @10倍速く書ける素材文章術 A正しい素材を集める2つのルール B素材をひたすら集める C素材を読み易い順に組立てる D一気に書き上げる E読みやすく整える Fケース別・速筆術

  • 桜井葵 さん

    うまい文章は必要ない。最も重要なのは「素材」。一気に長文を書こうとすると挫折するので、いくつもの小さい素材を箇条書きにして繋げて最終的に長文になる。皆に届けようとして文章を書くと誰にも響かない。誰に伝えるか?を定めて一人に伝えるために文章を書く。書き出しの役割は読み手に「先が気になる」と思ってもらう興味がありそうな文をチョイス。読者に伝えるための文章は「わかりやすく、役に立つ文章」。基本の骨格➡結論➡その理由と背景➡結論を細く具体性➡まとめ。今回はメモとして記載してます。文章の構成はよく学べました。

  • Yuma Usui さん

    本1冊を5日で書く著者の上阪徹氏の文章作成術を紹介した一冊。文章を書くための材料を「素材」として捉え、素材の集め方や合わせ方、文章の起こし方など教えてくれる。素材集めでは、テーマに関する独自の事実、エピソード、数字を手に入れた時点でメモすること。文章作成では、読者や目的を明確にして一気に書き上げ、読後感や分かりやすさなどをポイントに推敲を重ねることが大切。実際にライターとして文章を書かれる工程が学べて有意義だった。

  • さぼてん さん

    全部上に口酸っぱく言われたことと同じでした。改めて再認識した感じです。ただ、著者の文章が面白くないと感じちゃったのはあれだなあ…小説読みすぎたか。

  • Tenouji さん

    書きたいことを、人に伝わるように、理論立てて並べて書く、ということをキッチリ解説している。天声人語が、一番の教科書という時代はなんだったんだw。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品