死体が教えてくれたこと 14歳の世渡り術

上野正彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309617152
ISBN 10 : 4309617158
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
追加情報
:
201p;19

内容詳細

「君たちは、何をしたいだろうか。与えられた命を、どう生きていくのだろうか」2万体の検死解剖を行った法医学の第一人者が、若者に向けて命の大切さを伝える。

目次 : 第1章 私は監察医という仕事をしています(事件や事故で死ぬ人びとがほうむられるまで/ 監察医制度は全国制度ではない ほか)/ 第2章 なぜ監察医になったのか(「赤ひげ」だった父/ 医は仁術なり ほか)/ 第3章 2万体の死体と語った(忘れられない事件/ 初めて見た刑事の涙 ほか)/ 第4章 人が死ぬということ(いじめによる自殺/ 死にたいは、生きたいということ ほか)/ 第5章 未来を生きる君たちへ(死とは生きるということ/ 自分とは何なのか ほか)

【著者紹介】
上野正彦 : 1929年、茨城県生まれ。医学博士。元東京都監察医務院院長。54年、東邦医科大学医学部(現・東邦大学医学部)卒業後、日本大学医学部法医学教室に入る。59年、東京都監察医務院監察医となり、84年に同院長に就任。89年に退官後は法医学評論家として執筆、テレビ出演など幅広く活躍。厚生省医道審議会委員(死体解剖資格審議部会)、杏林大学医学部客員教授、日本被害者学会理事なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sea&pink(しーぴん) さん

    法医学、監察医と言えばこの人!法医学について知られるようになったのはひとえにこの人のおかげではないだろうか。もう89歳。YAレーベルで青少年に向けて、法医学という仕事の内容、そこから導かれる死者の人権、命の大切さ、イジメ、学校、若者の未来を語る。時にクサく、ベタになっても、89歳のこの人が語っているという事、この人の成し遂げてきた積み重ねが力を与えている。驚いたのは監察医制度があるのは全国で4か所しかないという事。真実を伝えられず無念のままの遺体があちこちで眠っているのではないだろうか。

  • グレ さん

    コロナウイルスが引き起こすSARSや空気感染する結核と同じA類感染症に分類されるジフテリアは心筋/腎障害と呼吸困難で死に至る殺人病で、ワクチンは当時会社員の給料3月分もした。怪我した手が腐りかけていた作業員に、大卒者の月収よか高くつくPENICILLIN(『ロマンス』のほうではない。)ばタダで打っちゃるお父上はリアル「赤ひげ」。今回も、幼女に熱湯をかけ殺した母親(虐待死ではなく知的障がい児の娘の将来を悲観して……とある)、母猿が子猿の死体を抱えて離さず一月⇒ミイラ化、消防士の制止も聞かず子を救出に火災家↓

  • Rie さん

    新刊棚に置いてあった本書。思わず気になり手にとってしまった。14歳の若者に向けて書かれたものということもあって読みやすい。他書も読んだが本作では父への思いを知れたことが良かった。

  • フクミミ さん

    14歳向けとは知らずに読み始めた。上野先生が語りかけているような文章なので判り易く読みやすい。これを読んで将来監察医を目指す人が出てくるかも。上野先生にはお元気でいつまでも活躍してほしいです。

  • G-dark さん

    10代の若者に向けて書かれており、他の著書と比べるとかなり平易な文章。先生のプライベートな心情が吐露されているのもこの本の特徴です。家族の死、ペットの死…。どんなに多くの遺体と向き合ってきた方でも、死に慣れるということは無く、大切な人を見送る時はとても辛いということが伝わってきます。いじめられて「死にたい」と思い詰めている子どもへのメッセージも書かれています。今まさに苦しんでいる子は、本を開くのも辛いと思うけれど、どうか第4章のP153〜154だけでも読んで欲しいです。「生きて欲しい」と書かれているから。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

上野正彦

1929年、茨城県生まれ。医学博士。元東京都監察医務院院長。54年、東邦医科大学医学部(現・東邦大学医学部)卒業後、日本大学医学部法医学教室に入る。59年、東京都監察医務院監察医となり、84年に同院長に就任。89年に退官後は法医学評論家として執筆、テレビ出演など幅広く活躍。厚生省医道審議会委員(死体

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品