移動革命 MaaS、CASEはいかに巨大市場を生み出すか NHK出版新書

三菱総合研究所

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784140886168
ISBN 10 : 4140886161
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
216p;18

内容詳細

EV・自動運転・シェアリング、100年に1度のパラダイムシフトに乗り遅れるな!あと10年で何が変わるか?大転換期の戦略を読み解く!

目次 : はじめに 立ち上がる巨大市場/ 序章 2030年代のモビリティ生活/ 第1章 CASEで占う自動車産業の未来/ 第2章 MaaSが導く鉄道次世代ビジネスモデル/ 第3章 産業とモビリティの共創へ/ 第4章 国家戦略としてのMaaS、CASE/ 第5章 移動革命が地方創生の切り札になる/ 終章 街が変わる。暮らしが変わる。/ 共同研究レポート 行動変容のメカニズムとBeyond MaaSの可能性

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • rn さん

    2020年5月発売なのでコロナ禍の影響が今後どれほど移動革命に影響を与えるかも気になるところ。トヨタの「コネクティッド・シティ」が、1800年代後半のハワードによる田園都市構想のような近未来における都市計画の一つの形になるのかなと個人的には期待して、行く末を見守りたいなと思います。

  • くものすけ さん

    本書は移動革命は既に開始されているという。身近な話題ではカーシェア、自動運転、電気自動車の普及などが現実かしているが、自動車、鉄道、バスからドローンまで含めた巨大な枠組みでの取り組みが開始されるようだ。三菱総研の現況集大成のレポートで現在の断面を理解することは出来る。

  • としP さん

    都会や大きな都市では、MaaS進み始めているようですね。車中心の小さな都市でも展開していくといいな。

  • YUJIRO さん

    既に類書が数多く発売されている。その中で本書に特筆すべき点は特にないと思うが、逆にコンパクトにまとまっている。初めてこの分野について読む際には適していると思う。

  • オカダ☆カズチカ さん

    とりあえず保存。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品