RPFレッドドラゴン 6 第六夜(下)果ての果て 星海社文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061389878
ISBN 10 : 4061389874
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
235p;15

内容詳細

本格メディアミックスプロジェクト、『ケイオスドラゴン』の原点・『レッドドラゴン』。これぞ疾風怒濤の完結巻、最終夜!

【著者紹介】
三田誠 : 小説家。ゲームデザイナー

虚淵玄 : Nitroplus所属のシナリオライター。小説家

奈須きのこ : TYPE‐MOON所属のシナリオライター。小説家

紅玉いづき : 小説家。『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞しデビュー

しまどりる : 新進気鋭のイラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シナモン さん

    各プレイヤーの総決算!赤の竜混合調査隊の旅の終わり。エィハの順番、忌ブキの決意、スアローと婁のラストバトルなど見所満載。振り返ってみるとロールプレイ開始直後は不安だったが、物語として完成度たかく綺麗に終わっているのは見事の一言。また、プレイヤーである各人の掛け合いが軽妙だったのも良かったです。なお、Web版でも今巻は公開中で、読み進めると壮大なBGMや美麗なイラスト付きで興奮度200%増しなのでオススメ。

  • SOЯA さん

    最終巻。下巻は丸々対赤の竜。やはりスアローと婁の最後の一騎打ちは最高に燃えるものがあった。あの散り際のかっこよさはずるい。あとがきでも虚淵さんがいっていたが最高のリタイアだった。そして叶いそうになかったティハの竜殺し殺しはあと少しで達成しそうだったのはやぱりTRPGは何が起きるかわからないなと。やっぱり大人が全力で遊んだのは見ているだけでもおもしろい。原作も読み終えたところでアニメを見ようかと思う。

  • あき さん

    終わった。わりとキレイに。最後の混沌を演出した婁と切り札出し惜しみなしのスアローとの一騎討ちは熱かった。動けないエィハと動く忌ブギの対比もよかった。最後はわりといいかんじ。エィハエンドを期待してたが条件厳しかったか。サイコロ次第でそんな結末もあったとうだうだ思えるのも含めてのTRPGだろう。素晴らしい企画だ。

  • 伽達真林 さん

    下巻。PLたちの思惑が入り混じり互いに刃を交えながらの赤の竜との決戦。遂に物語は終わりを迎える。シリーズ一番の見応えを誇る婁とスアローの打ち合い、エィハの順番が果たされるか否か、そして忌ブキの最後の決意。TRPGセッションのリプレイであるにもかかわらず物語としても素晴らしい出来の作品に仕上がっていると思います。最高の結末ではないのだろうけど、一流の創作者による宴はそれだけで価値がある。

  • TEANの残骸 さん

    “順番”、歪な愛、過去、決意、約束。あらゆる意思と覚悟の混ざった最終決戦。「欲しいってことは、壊したいってことでしょ?」わかっていたつもりでもあらためて突きつけられるとなかなかの衝撃だった。彼と相対した彼の散り様、ずるいよなぁ。あれだけ見事に逝かれると美しいとすら思う。 エィハのじゅんばんによる決着が見てみたかったが、うまくいきそうで行かないあたりも、それでも可能性としてはあったのだろうなと思えるあたりもTRPGの醍醐味っすかねぇ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品